2020年版ぎょうざ倶楽部 “プレミアム会員カード”

我らが餃子の王将さんの、2020年版のぎょうざ倶楽部 “プレミアム会員カード”無事ゲットしましたよ。
と言うてる間、数ヶ月後にまた来年度の戦いが始まるんだろうけどね。
スタンプ集めてもらえるグッズ、個人的には炒飯皿(レンゲとスープの器付き)、店で出してる水のグラス(OHSHOロゴの。2個セット)あたり希望しているぞ。

“故郷 羊肉串店”

イラストレーター仲間と新年会。(料理の写真しか撮ってなかったけど)
“故郷 羊肉串店”(大阪・日本橋)

羊肉の串を自分で焼くスタイルだ。

美味かった〜。

こんな太っとい春雨食べたことも見たこともないぞ!美味かった〜。

ナスもな。美味かった〜。

じゃがいももな。美味かった〜。

“京都 夷川餃子 なかじま”

中学の同級生がマネージャーをしてる、夷川餃子 なかじまさんへ。人気店だ。
“京都 夷川餃子 なかじま”

おっ、SNSのタイムラインでよう見るやつだ、このグラス。

お昼に行ったので、餃子定食。
小ぶりなので、何個でもいけるし女子ウケもよさそうだ。餃子はもちろんのこと、付属の叉焼やきゅうりも旨かった。豚汁も有り難いし、ええやん。

↑この人同級生。
今回定食だったけど、他のメニューも気になったので、また夜来たいな。

“初詣2020”

さて、伏見稲荷大社へ初詣。
正月三が日を避けると、空いてて良いですね。
今年は後厄ということで、厄払いをしてもらいつつ。こちら結構スムーズに受けれましたわ。有難や。

おみくじ引くと「大大吉」なる見たことないのが!全部上手くいく的なことが書いてありました。ここ数年は凶とか小吉的なのが続いてたけど、厄払い後に引いたからかな?何か今年良い年になりそうである。運極状態である。

「大大吉」の余韻を噛みしめつつ(ウイニングラン)、稲荷山登るぞ!海外の人が多いな。

というわけで、ヒィーヒィー言いながら頂上まで。

行きしは「大大吉」の余韻、帰りは今年はこんな年にしよう的なことを考えつつ、頭の中で自問自答する場でもあるのかもしれないね。

『餃子の王将 創業祭』

餃子の王将 創業祭ということで、俺たちの王将へ。
奇しくもクリスマスと言うことで、フライドチキン(チューリップ)に、

ローストポーク(焼豚)で。

キムチと紹興酒の赤で、クリスマス感を演出。安定の王将である。

ということで、500円分の割引券もらいましたよ。っていうか、今「年末年始 お客様感謝キャンペーン」(300円でスタンプ1個、6個貯まると餃子一人前無料。2回店に行けば貯まる。)も開催中で、エンドレスで通ってしまう構造になっているぞ。

『餃子の王将』オフィシャルサイト

「2020年版 ぎょうざ倶楽部 お客様感謝キャンペーン」

我らが餃子の王将「2020年版 ぎょうざ倶楽部 お客様感謝キャンペーン」
スタンプを集めるとオリジナルグッズがもらえるキャンペーンが幕を閉じましたね。
去年と一昨年の様子。
・2017年度「創業50年記念ロゴ入り食器」>>
・2018年度「餃子の王将 目覚し時計」 >>
・2018年度「餃子の王将 餃子返し」 >>
・2018年度「餃子の王将 ペアマグカップ」 >>

今年の戦利品はこんな感じ。(狙ってなかったけど、男塾の田沢の顔みたいになったね)
今年は欲しいの、“音声目覚まし時計” と “令和記念ロゴ入りラーメン鉢”ぐらいかな〜と思ってたけど、結局“保冷・保温トートバック”もいった感じ。“スマホケース”までいく余裕は無かった。
来年は、炒飯皿(レンゲとスープの器付き)と、ロゴ入グラス(店で使ってる“OHSHO”のグラス)やって欲しいな。時計も金・銀ときたから銅でもいいかも。店員さんが被ってる帽子や制服でもいいな。

“スポークベル”

自転車にスポークベル(ロットベル)を付けてみた。
ケーブル式のも持ってるのだけど、↑ロッド式のを手に入れたので。

早速付けてみた。このレバーを下に押すと、

クラッパーが起き上がり、走行中回転するスポークに始まれて鳴るというものだ。
ギリギリ子供の頃、付けてる人見たことある感じかな。

付け方合ってるのか分からないけど。鳴るのは鳴った。ちょっとロッドが長くて余ってもたついてるので、切ろうか悩み中。音は、非常ベル並にうるさいので、これは鳴らすのに躊躇するな。そもそも普段からベルは鳴らさないから緊急事態の時にだな。
タイヤも前後輪新しいのに変えたら、もう生産してないとかで大分高こうついたわ。イタタタ。

小学館「幼稚園」2020年01 月号

小学館「幼稚園」の付録が毎回攻めて(親目掛けて作ってる)るんだけど、最新号が、吉野家の牛丼が作れると言うことで、全然幼稚園児もいないし、40のおっさんだけど、まんまと買うてきたわ。園児向けとしてでなく吉野家アイテムとして買わんといかんやつだ。
小学館「幼稚園」2020年01月号

付録のパーツ自体にミシン目が入ってちぎったら簡単なんだろけど、キレイに作りたかったので、カッターで切り出しつつ、夜中にビールのびながらチビチビ作ったら3時間掛かったわ。作業は簡単だけど、切り出すパーツが結構あるので、幼児だけでなく、大人と作ると良い感じになるように設計されてるんだろうね。最近の付録恐るべしだ。

よう考えたもんだ。今の自分の作風プラスもう一段階立体の方に行く良いヒントになったわ。もう1冊買おかな。それは作らず保存用に。

今日の靴…01442

今日の靴は、DiorJordan Brandのコラボスニーカー。
さっき発表されたてホヤホヤのを速攻で描いてみた。
Shoes:01442 “Dior × Jordan Brand” Air Jordan 1 High OG(FW2020)
“Dior” Men Fall 2020 Fashion Show(YouTube)

Tumblrとnoteでも1日1足更新中>>
http://jumpei-kawamura.tumblr.com/
https://note.mu/jumpei_kawamura

『寶珠山 大観音寺』

ちょっと三重県の方へ。
途中休憩がてら寄った、道の駅 関宿にて。思いがけず富永一朗先生の画廊があった。思いがけず原画が観れて得したわ。

そして、来ました『寶珠山 大観音寺』(三重県津市)。画像は隣のルーブル彫刻美術館。

お?なんか緑の中に緑の何かがいるぞ?

カエルのオーケストラ。

なるほど。

おっ、チラッとお見えになられている。

いざ!『寶珠山 大観音寺』

大観音仏足下駄。こっちはえらい可愛らしい招き猫。

ぐるっと敷地内を見て回りつつ。

見えてこられた。

高さ33メートルの純金大観音だそうだ。

裏側。

大きな手。

ガン封じの神獣 白澤。カッチョイイ。

台風明けで、結構蒸し暑かったけど、堪能したのであった。

途中こんなとこも。阿保(あお)と読むそうだ。

『大師山清大寺 越前大仏』

その後、一旦勝山駅に戻り越前大仏へ行くバスの時刻表を見るも、ない!
ので、歩いて。2kmちょいなので大したことはない。
おっ、見えてきた。遠目からでも凄い重厚で巨大な感じが分かる。

大師山清大寺 越前大仏。こっちに来たかったのだ。

越前大仏は、相互タクシー創業者の故・多田清(勝山出身)氏が、総工費380億円かけて作ったが、死後不動産会社の経営悪化で公売にかけられることに

参道の店もほとんどシャッターが閉まってる。1,2軒やってるようなやってないような店があったが。

そして、いざ!自分1人しか参拝者はいないぞ!受付に人がいただけ。境内には誰もいない。!なので、対比するものがないのでスケール感が伝わりづらいが、とにかくスケール感が尋常じゃない。

仁王像。阿形。こっちは日が当たるせいか、表面が剥離してた。

吽形。ともにデカい。

これまた伝わりづらいが凄い重厚な建物。

映画『エンジェルウォーズ』に出てきそうな感じね。
良い意味で、海外でスケール感分からず巨大に作られた日本の寺院って感じで、異空間だった。ほんと映画のロケで使えそうな。

凄い重厚でしょ。ガッチガチに造られてる。いざ中へ!

越前大佛様。大きい!

これまた伝わりづらいが、手前の赤いシートは5〜6人座れる感じかな。

こちらも巨大だ。

↑消化器がこのサイズ。

終始お経のようなBGMがうっすら流れてるのと、このとんでもなく巨大な空間に巨大な造形物。そこに自分1人しかいない、誰の気配もない!それがちょっと怖くもあり、自分が異空間にいるような不思議な気持ちになる。多分東大寺の大仏も全ての人をいなくして1人だけで入ると同じ感じになるんかな?と想像したり。他の参拝者やお寺の人の気配があるかないかで全然違うね。先日の観音院加賀寺は廃墟過ぎて怖かったけど、ここはまだBGMのせいか数時間おれそうだ。誰にも邪魔されないし。いや〜、面白い空間だ。

外に出て。閉鎖されてる遊歩道も気になるな。

すっごい重厚。

こっちの五重塔も鉄筋コンクリート造りがガッチガチだ。

エレベーターで5階まで。勝山市を一望。

遠くに勝山城が見える。
いや〜〜、ここイイわぁ〜。凄いわぁ〜。また来たい!冬は冬で雪景色になるみたいだし。

その後、勝山に温泉があるとのことで、ふらふら汗だくになりながら歩きで。

勝山温泉センター水芭蕉
最終のバスまで時間が無かったので、15分で入浴!それでも肌がつるつるになったわ。

そして、バスで勝山駅まで帰ってきつつ、1日何にも食べて無かったので、コンビニのますの寿し(富山のだけど、前富山行った時に気になってた)を呼ばれつつ。コンビニのでも全然美味い。

大分むぎ焼酎 二階堂のCMに出てきそうな田園の中を走っている。

1時間くらいかけて福井駅まで戻ってきた。

前回休みだった、ヨーロッパ軒 総本店へ。

メニュー。 ん?少年チャンピオン(秋田書店)のマークみたい?

福井名物 ソースカツ丼を。

柔らかくて美味かった。串カツをソースにつけたのでご飯食べてる的な味だった。

その後、一筋下がったとこにある、そば居酒屋 ポポー軒さんへ。

店主の巧みな湯でさばきを見つつ。

福井は、おろしそばが名物なのね。大根の辛味の効いた十割蕎麦を美味しくいただきつつ。

終電もあるので、足早に福井駅へ。
の途中に、黒川さんの裸サックス(ヌー銅)に遭遇。イイ写真が撮れた。
そんなわけで、福井旅目一杯楽しんだのであった。シーズンごとに18きっぷ買ってみるの良いなと思った。

『浜松餃子』

さて最終日。というか帰る日。
18きっぷで帰るので軽く寝て早朝に出発。
お世話になった。ありがとう!非常に快適だった。

そんわけで鈍行の旅。途中熱海駅で降りてみるも、豪雨!なのでコーヒー飲んでまた電車に戻る。

浜松駅で下車。浜松餃子、気になってた店2つとも休みだったので、駅に隣接した石松餃子さんへ。えらい行列だ。

ふじのくに限定の静岡麦酒というのが標準装備らしいので、いってみる。

餃子の定食。
初浜松餃子だったけど、キャベツ?たっぷりで甘みのある餃子なのね。美味しく頂いた。

そんなわけで、またすぐ乗車。途中の大垣駅のホームには、こんな自販機あるのね。
そんなわけで、ボチボチ帰ってきたのであった。

『ぼんご』

仕事の打ち合わせで色々あって、急遽取材を兼ねて大塚のおにぎり屋さん『ぼんご』へ。
よくテレビで観るし、行ってみたかったとこだ。昼間は凄い行列みたいだけど、夜はテイクアウトの人が行列してたかな。店内で食べるのは、ちょっと待ったくらいで入れた。

おお〜、この感じ。目の前で握ってくれるのだ。

シンプルに、しゃけ・梅・高菜で。デカくてふわっふわで腹一杯になったわ。美味かった。量的に2個で十分だったかな。食べたい具がいっぱいあって近所にこんなとこあったら通うだろね。店の人も凄い感じよかった。気になる具があったら、味見させてくれたり、具について聞いてきてくれたり。流行るわけだ。味ももちろんだし。

帰宅後、またまた独身貴族呑み。

『丸鶴』

仕事をこなしつつ、ちょっと行ってみたかったとこへ。
東武東上線 大山駅。

初めて来たけど、ああっ、街ぶら系の番組でちょいちょい見る商店街ね。

その商店街からちょっと離れたとこにある、中華料理の丸鶴さんへ。

ここのチャーシューチャーハンを食ってみたかったのだ。

これおかずに白飯いけるぐらい濃いめの味付けなのでビールでもいけるやつだ。濃いめが好きなので好みだった。

夜、またこのシマシマ男と合流。サクッと呑みに。

レモンサワーのレモン(板状)が凍ってカッチカッチだったのを崩している図。

なんやかんやつまみつつ。

家では酒場放浪紀観ながら飲りつつ。