吉野家「金の限定グッズ」コンプリート。

吉野家「金の限定グッズ」コンプリートしたぜ。
スタンプ2個押しの“鶏すき丼”(普通の牛丼食いて〜〜!と思いながら)で何とかスタンプを稼ぎつつ。団体ならガバッと貯まるんだろうけど、1人でだと中々大変だぞ。
厳密には、オリジナル丼は前に別キャンペーンで持ってた分なんだけどね。取り敢えず、これで普通の牛丼が食えるのが嬉しいぞ。

「めんそーれ沖縄 味と技展2018」@阪神百貨店

さて、阪神百貨店「めんそーれ沖縄 味と技展2018」。今年も沖縄の革製品ブランドRAKUSYOU./楽尚さんから助っ人の要請があり、手伝いに。

「めんそーれ沖縄 味と技展2018」

こんな感じ。

ちょっとづつ什器や商品がバージョンアップしてますよ。

こんな感じ。

ここ2年くらいは沖縄にちなんだ模様をプリントしたりレーザーで彫刻したりしたアイテムの展開に力を入れているそうだ。

こんな感じの。

今回はそんな沖縄のモン食べたりできなかったかな。唯一、シーサーちんすこう付きのマンゴーアイスくらいかな。

そして、今年もミス沖縄2018の宮平かなさんが来られてたので、撮ってもらいましたよ。気持ち悪がられると思って言わなかったが、「ミス沖縄2018選出大会」のLive配信を当時観てて、この人選ばれる!って推してた人なので、御目にかかれて嬉しいぞ!
ちなみにここだけの話だが、ミス沖縄2018さんのFacebookページのこの日の記事にチラッと写り込んでいるぞ!
今年は、“泡盛の女王”さんは来られなかったね。

2015年の時の様子(ミス沖縄さん)>>
2016年の時の様子(ミス沖縄さん)>>
2016年の時の様子(泡盛の女王さん)>>
2017年の時の様子(泡盛の女王さん)>>

『中学校の同窓会』

中学校の同窓会でした。
卒業から25年、成人式から20年だそうです。
京都某所にて。

そういえば、食べ物1口も食べてなかったぞ。

どういう流れで靴を電話にしてるのか憶えてないが、脱げたんかな?ご機嫌やったんやな。(ボカシを入れると途端に事件性が出てくるね。)

20代の頃の同窓会は、アノ娘どんな感じになってるかな?的なドキドキ感があるけど、大概おっちゃんおばちゃんやし年齢が上がってくるにつれて、全然ドキドキ感がなくなるね!(いや、自分もおっさんやで。分かってんで!)そういうドキドキ感は別として、同じように歳とった同級生に久々に会うのはイイね。顔みたらほぼ誰か分かったし。で、当時の細かい描写(どんな家に住んでたとか、青い自転車に乗ってたとか、先生に往復ビンタされて鼻血出たとか、授業中に女子が手を挙げた時に、自分だけが脇毛が生えてるのを目撃してしまったことやら)がすんごい思い出したわ。おもしろかった。

「コピック・アワード2017」審査員賞の賞品。

copic.Tooさんから「コピック・アワード2017」の審査員賞の賞品が送られてきましたよ。
受賞者のページ>>

コピックチャオ全180色とマルチライナーやら色んなペンが!!
普段コピックスケッチを使ってるので、全部持ってない商品だ。

しかも!!!! 名前入りではないか!!!
これは嬉しいなぁ〜。このセット自体がトロフィー的なことなのね。

他にもcopicの紙各種。どれも使ったことないから、試すのにありがたいわ。
マルチライナーのSP(インクが詰め替えれるタイプ)も初めてなので有難い。

リアルに、この.Tooマーカープロダクツさんのcopicロゴ入りの袋とバッヂが嬉しいな。画材屋さんで買うと画材屋さんの袋になるし。

そして、来たる4/14・15と、コピック発売30周年記念イベント「Copic Thanks Party」なるイベントがあり、今回の受賞者の作品も展示されるそうですよ。

Copic Thanks Party
日時:2018年4月14日(土)12:00〜16:00、15日(日)10:00〜17:00
会場:ワテラスコモンホール
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地
最寄り駅:JR「御茶ノ水」駅徒歩約3分、東京メトロ丸ノ内線「淡路町」駅徒歩約2分
入場料:無料
コピック発売30周年記念イベント特設ページ

“ベトナミング”

その後、デハラ事務所OGの面々とベトナム料理を。
“ベトナミング”(新宿三丁目)

生春巻きに、

揚げ春巻き。

美味めーな。

ネコさん。

レモングラスの何かしらのスープ。

ネコさんが頼んだ、パクチーモヒート。

カリスマ美容師のトミーさん。

牛肉しゃぶしゃぶフォー。
全部美味かったぁ。っていう女性陣に囲まれての会であったとさ。

『迎春』

明けましておめでとうございます。
(こんなブログ読んでる人いるんか?!と思いつつも)本年もよろしくお願いします。
というわけで、今年は前厄ということらしいので人生初厄払いへ。

年末年始、関東方面に来てたので、神奈川にある寒川神社へ。

人いっぱいだぞ。

何とかお参りももしつつ、その後、厄払いも無事終了。ふぅ〜、4〜5時間掛かったぜ。白装束着たり、ご祈祷受けたり、中々貴重な経験でした。

こんな小さい駅に、すんごい人が訪れるのね。駅から富士山も見えるぞ。

何かカッチョイイのを頂いたぞ。有難や!

黒木と森田と。

三軒茶屋にて。
2017.12.10.a腐れ縁のイラストレーター仲間、黒木仁史森田博之と。

2017.12.10.b1軒目。

2017.12.10.cここの唐揚げ美味いな。味変えて2回頼んだし。

2017.12.10.d2軒目。

2017.12.10.e角打ち的な店。

2017.12.10.f3軒目。

2017.12.10.g4軒目。

2017.12.10.hモツ煮込み。ガーリックバターかなんかが塗ってあったっけか、バゲットと合うな。

2017.12.10.i5軒目は、メキシコ料理の店でコーヒーで締め。

「餃子の王将」創業50年記念ロゴ入り食器

我らが、餃子の王将さんが創業50年記念のノベルティでスタンプを集めるとロゴ入りのお皿がもらえるということで、コンプリートしましたよ!
2017.12.08500円でスタンプ1個なので、団体で行くとガバッとたまるけど、僕の場合単身なので、中々しんどかったぞ。スタンプ2倍押しキャンペーン期間を駆使して何とかね。
キャンペーン終了間近ではどこの店舗も皿が品切れで何件か回ったし、限定ストラップも無くなってて、店舗によっては全然関係のない鳥のストラップが入ってたけど、その気遣いは嬉しいかな。ということで味もサービスも店舗によってアタリハズレがあるのであった。

ドムドム“厚焼きたまごバーガー”

ドムドムバーガーへ。今年に入ってリニューアルされてから、結構頑張ってると思う。
2017.12.04.f気になってた、12月からの新メニューの“厚焼きたまごバーガー”を注文。

2017.12.04.gおお!分厚い!
(こういうなんって、写真では分厚いけど、実際そんな厚くないパターンが多いけど、これは違うぞ!)

2017.12.04.hふわふわで、熱っつ熱っつだぞ。

2017.12.04.i出汁の効いた卵に、辛子マヨネーズの組み合わせが後引く美味さだぞ。
いや〜、予想してたより全然美味かった。これはまた行ってまうわ。
近くにドムドムがある人は行った方がいい!

彦根観光2日目。

そんなわけで2日目。
2017.10.31.aポチッ!カーテンを開けるリモコンもお手の物だ。

2017.10.31.bなんちゅうー贅沢な朝だ。

2017.10.31.c風呂からもお城が望めるぞ!
\「Castle Guide」の仕事して、良かったーーーーッ!!!!/

2017.10.31.dそんなわけで、今日は屋形船でお堀めぐりですよ。

2017.10.31.eこの屋形船に乗船。

2017.10.31.f大体45分だったかな。優雅なひと時を堪能したのであった。天気も良いし気持ち良かった〜。

2017.10.31.gお昼は彦根キャッスル リゾート&スパさん隣のお蕎麦屋さん“献立伊吹そば つる亀庵”さんへ。こちらも彦根キャッスル リゾート&スパさんの系列のお店だ。

2017.10.31.h縁起物の“海老豆”を出していただいた。季節や謂れのある日に因んだ一品を出しているそうだ。

2017.10.31.i月替わりの創作蕎麦が人気だそうだ。
ということで「舞茸天あったかあんかけ蕎麦」をいただく。お蕎麦も天ぷらも美味い!どれも細部までこだわりを感じますね。他のメニューもどれも美味そうだ。

2017.10.31.j真っ黒なお稲荷さんに金箔が乗っているぞ!

2017.10.31.kその後、次号の打ち合わせもしつつ、彦根城博物館へ。

2017.10.31.l今日もひこにゃん居てるね。ハロウィン仕様だ。

2017.10.31.m「Castle Guide」で描いた2つの甲冑もあって、初めて観たけど本物はやっぱ存在感があって圧倒されましたね。自分の絵が実写化された様な変な錯覚になったぜ。

2017.10.31.nその後、Caro Angeloさんに顔出して色々近況を聞きつつ。また面白い事できたらいいですね。

2017.10.31.oそんわけで帰り道、彦根駅に行くと、あら?新しい石碑(まだ設置途中)が。銅像の脇にあったミニ彦根城が撤去されてたぞ。そんな彦根であった。彦根イイわ〜。

彦根観光1日目。

滋賀県彦根市のホテル“彦根キャッスル リゾート&スパ”さんが発行する季刊誌「Castle Guide」秋号が絶賛配布中ですが、そんな彦根に来ております。
2017.10.30.a彦根城築城410年で、盛り上がっているのだ。

2017.10.30.bおっ、お堀越しの彦根城彦根キャッスル リゾート&スパさんはこの真ん前にあるのだ。彦根は何回も来てるけど、毎回Caro Angeloさんに行っちゃうので、実は彦根城に来たことがなかったのだ。ということで初彦根城へ。

2017.10.30.cおっ、ひこにゃん。登場時間が決まってて、時間がきたら出てくるそうだ。

2017.10.30.d初めて本物見た。なるほど、こういう感じなのか。

2017.10.30.eそんなわけで観光協会のK島さんにガイドしてもらって。彦根キャッスル リゾート&スパのN島さんと系列のお店“比内地鶏 ほっこりや”のK瀬店長と共に。

2017.10.30.fおっ、天守閣が見えてきた。

2017.10.30.g観光協会・K島さんのガイドがあるのとないのとでは全然違ったと思う。K島さん何でも知ってはるし、ブラタモリに出れそうな感じだ。

2017.10.30.h裏側から。

2017.10.30.i先日の台風で、多聞櫓の外壁が剥がれちゃったらしい。

2017.10.30.jこっちは木が折れてるぞ。

2017.10.30.kそんなこともありつつ、
本日のお宿はもちろん!我らが彦根キャッスル リゾート&スパさんですよ!

2017.10.30.l彦根キャッスル リゾート&スパ

2017.10.30.mこちらの、“スーペリアツインルーム”なる上等な部屋にお泊まりですよ。(1人)
カーテンもリモコンで開閉しますよ。

2017.10.30.n夜は彦根城もライトアップされてますよ。

2017.10.30.oそんなこともありつつ、今日一緒に彦根城を周ったK瀬店長“比内地鶏 ほっこりや”さんへ。

2017.10.30.pもちろん、「Castle Guide」秋号も置いてますよ。

2017.10.30.qうひょー美味そー!
なんでも比内地鶏を取り扱ってる日本最西端の店らしいですよ。(K瀬店長談)

2017.10.30.r自慢の料理に舌鼓を打ちつつ。

2017.10.30.sワインを挟みつつ、滋賀県の地酒へ。もっきりスタイルだ。

2017.10.30.tそして、ほっこりや名物の比内地鶏の親子丼(これは少なめ2/3サイズ)。美味いッ!

2017.10.30.u比内地鶏のお店ということで、秋田のお酒にスイッチ。

2017.10.30.v炭火串焼きも美味い!

2017.10.30.wどれも丁寧で良い仕事してはりますわ。大満足。

2017.10.30.xそんなわけで、徒歩でぶらぶらホテルまで帰ったのであった。彦根イイなぁ〜。

吉岡徳仁『光庵-ガラスの茶室』(求龍堂)

吉岡徳仁さんの光庵-ガラスの茶室の写真集が出たのですが。
何でもInstaramでガラスの茶室を撮ってた人のをまとめたものだそうだ。
2017.09.03.a『光庵-ガラスの茶室』(求龍堂)

2017.09.03.bそれに僕が撮ったのもチラッと載せてもらってますよ。小っちゃいけど。

2017.09.03.cこんな感じで。

↓当時のInstagramの記事。ちょうど丸2年前の今日行ってたのね。
https://www.instagram.com/p/7JhNqtjnR2/?taken-by=kawamurajumpei

お祭り的な。

たまたま通った道で、お祭り的なことをしていたので。
2017.08.28.a何か東京の祭りって感じやな。

2017.08.28.bこの神社のお祭りなんやな。

2017.08.28.cLEDで照らされてるんやな。

2017.08.28.dこっちの商店街でも何か祭りやってるやないか。

2017.08.28.e和太鼓のパフォーマンスがあったりしつつ。
唯一夏っぽい出来事やったかな。

『餃子』

三軒茶屋にて。
2017.08.27.a万豚記(ワンツーチィ)へ。
(万豚記、京都にもあるやないか。今度行ってみよ)

2017.08.27.bイラストレーターの黒木仁史(左)と森田博之(右)と。

2017.08.27.c何話したか覚えてないが、近況を話したり(しょっちゅう会ってるが)しつつ。

2017.08.27.dこの、ゆでキャベツ美味いな。マネしよ。

2017.08.27.e餃子をつつきつつ。

2017.08.27.fこの“鎮江香醋”(黒酢)美味いよね。

2017.08.27.g黒酢すぶた。

2017.08.27.h担々辣餃子。

2017.08.27.i蒸し鶏。

2017.08.27.jその後、ホルモン焼き屋へ。

2017.08.27.k焼きつつ。

2017.08.27.l何喋ったか覚えてないけど。

2017.08.27.m美味かった。

2017.08.27.n人も増えつつ。

2017.08.27.oそんなわけで、朝4時くらいに解散。↑何かカッコいいがな。