九州王将旅 4日目。

そんなわけで、4日目 鹿児島スタート。
指宿枕崎線が、指宿以降滅茶苦茶激減するので、回りたいところを考慮すると始発しか無理なのだ。というわけで、鹿児島中央駅 始発4:47で出発。
指宿枕崎線。とりあえず「山川駅」まで。

南九州ファミリーマートさん(鹿児島・宮崎エリア限定の鹿児島 餃子の王将コラボのばくだんヤキメシ(鶏チリ・プルコギ炒め)で朝ご飯。天津飯もあるのだが、胃袋的に今回は断念!

これ1個で十分なばくだんだ!
こういう、大手コンビニだけど、南九州とか沖縄とか子会社系の特色はわくわくするな。

で、指宿枕崎線。本来は海沿いで凄い景色なんだろうけど、早朝で真っ暗(夜)なので、全然見えん!残念!シートはルイ・ヴィトンのダミエ・エベヌ調だ。

ディーゼルの重たい感じの加速と、熱々の暖房と味わいつつ。
外真っ暗なんだけど、木の枝が車体にバシバシ当たる音が聞こえる。

おっ!明るくなってきた。開聞岳かな。

ということで、最寄駅の「白沢駅」下車。(Wikipediaによると、2015年度の1日平均乗車人員は2人だそうだ。これで今年は一人増えた?

勝手なイメージだけど、カムチャツカ半島とかの辺境な駅はこんな感じなのかも?とか想像したりしつつ。知らんけど。草ボーボーの単線だ。

そこから5.2km、山の方に向かってひたすら歩く。鹿児島の南端でも、全然寒い!そして、植物が南国調!

辺鄙なところを一人ひたすら歩いていると、開聞岳に太陽が重なってめでたいことに。咳をしても一人状態だが、たまらんな。思えば遠くへ来たもんだ。

ひたすら山に向かっていると、高野山真言宗 国見山大国寺さんのアバン的な像が。疲れもふっとぶ。

そこから、また山の方へ上がって行くと、

おめでたい像が出現。

巨大な手作り感あふれる、下が道場になっているようが。

朝の清々しい雰囲気にピッタリ。

さらに山に上がっていく。

味のある空海様。

高野山真言宗 国見山大国寺

住職の川上英明さんが自作した像だそうだ。味わい深い。

パラダイスである。

大きいものから小さいものまで色々ありますね。

仏像でもあり、彫刻のアート作品でもあるね。

海外っぽさもありつつ。

すごいパワーですね。

あちらこちらに。

青がポイントなんかな。

この龍も力作です。お地蔵さんの顔も味がある。

ワンコも。

そんなわけで、奥の本堂?(手作り感あふれる)に足を踏み入れると、僧侶の方がコーヒーとチョコでもてなしてくれて、色々お話しをした。貴重な体験でした。

そんなわけで、今度は枕崎の方に向かってひたすら歩いていく。

茶畑が広がってますね。お茶が有名なんですね。

人っ子一人いない、贅沢な世界ですね。

ひたすら歩いたのち、なぎさ温泉へ。

露天風呂があって、海を眺めて最高に贅沢だった。首から上は寒くて身体は暖かくて、ずっと入ってられた。正解!

そして、枕崎の方へ、また歩いていくと。薪が沢山。

そこら中で、鰹節を燻しているので、街中鰹節の匂いしてた。

鰹節の匂いで、缶ビールをやりつつ。ボーーッとしつつ。

鰹の街だね。

そんなわけで、徒歩で「枕崎駅」まで来た。

本土最南端・始発・終着駅

ここが終点か。

えらい遠くまで来たわ。

少なっ!!
これだと他が回れないので、

バスで鹿児島中央駅までショートカット。

そして、また指宿枕崎線で南下。

五位野駅で下車。奥には桜島が。

清泉寺観音堂。

清泉寺大観音

こちらは、そんなに敷地はない感じだった。

周りに高い建物があいので、映えますね。

そんなわけで、鹿児島を出る前に、鹿児島 餃子の王将 田上天神店へ。

焼き飯大と唐揚げ。スープは、ラーメンスープだった。

焼き飯大の2山盛りは、独特ですね。餃子の王将 八日市店(滋賀県)でもこの盛り方をしているね。

焼き飯の方は、京都王将より油分控えめな印象で、炊き込みご飯チックなニュアンスもありつつ。

しっかり2人前の焼き飯食べた感じなので腹一杯になった。

唐揚げはマヨネーズ付き。まぁ、合うはな。

京都王将でいうところのマジックパウダーもあるが、色味は白い感じ。
この微妙に違う感じも面白いね。

ということで、念願の鹿児島王将堪能したのでした。

そんなわけで、高速バスで一気に博多まで(4時間半くらい)出ちゃって、この日は終了。今日は25km歩いとった。

九州王将旅 3日目。

朝から熊本市内をぶらぶら。
過密スケジュールなのであんまりゆっくり見れなかったけど、ほどよく都会で、無茶苦茶いいところだな。(熊本料理やお酒を堪能したいんやけどな〜)

路面電車も走ってたり、商店街も幅が広い。

熊本のTV番組も好きでTVerで観ている(今はRKKの「水曜だけど土曜の番組」「週刊山崎くん」を楽しく観ている)。

こちらはKABさんだが、昔から好きな「方言彼女。」の渕上彩夏さんの広告が!

そんなわけで、熊本城の方へ。

こうこう、高い歩道橋になっているのね。今風で良いじゃないか。

石垣もすごいな。

今風の足場アリだね。

そして熊本城

天守閣は復興が完了しているそうだ。

耐震補強が凄いな。

模型があったり。

旧熊本城の内部がどんな感じだったか知らないけど、内部はキレイになってた。

プロジェクションマッピングで、観やすい展示に。

被災時の模型も。こんな感じだったのね。

天守閣から。こういう歩道橋が出来ているのだ。

こちらはまだまだ復興途中。

一通り観て回りつつ。テレビではよく聞く熊本の郷土菓子“いきなり団子”があったのでいただく。

もちとあんことさつまいも、想像通り美味いやつだ。そらこの組み合わせ美味いでしょ。王将以外もちょこっと味わいつつ。(いやね、九州といえば、鶏に豚に牛に、美味そうな店がいっぱいあるのよ!が、今回の目的は王将メニュー開拓なので我慢だ!)

で、青春18きっぷの旅なんだけど、2020年7月の豪雨災害の影響で肥薩線不通区間があるため高速バスで鹿児島へ。大体3時間くらい。

鹿児島県の天文館到着。

ということで、今回の最大の目的鹿児島 餃子の王将中町店(1号店)へ!!!

ついに来た!!!
改めて説明すると「鹿児島 餃子の王将」は、京都の餃子の王将とは別会社で、南九州限定で暖簾分けをゆるされた特異点(店)的な独立会社なのだ。

ということで、メニューの違いを楽しもうか。

ほどなるほど。餃子の王将だけど、知ってる餃子の王将と違う、何だかパラレルワールドに迷い込んだ様なワクワク感が!!微妙に違うのが面白いな。

ジャストサイズもあるんだな。
昔の王将の感じでもあり、また別の進化を遂げてる感じもあり、たまらん。

おっ!自分で手書き注文するスタイルだ。
うわ!この餃子タレの容器、本家の餃子の王将でも昔これでしたね。懐かしい!

ということで、基本の餃子と、ウリの天津飯をチョイス。ビールは中瓶なんだな。
(食べたいものが沢山あるので、断腸の思いで)

本家より、ちょい酸味強めな感じ。このオリジナルの「鹿児島 餃子の王将」のロゴ入皿もたまらんですね。セントラルキッチンはなさそうなので、餃子は店舗で手包みなのかな?真意は分からないけど。なるほど。面白い面白い。初鹿児島餃子の王将を堪能したのであった。

ニヤニヤしつつ、ちょっとだけ鹿児島市内をぶらぶら。
ここは、2007年にWING ROADの旅で来た地だ。当時も楽しかったな〜。

なんか銅像が多い街だな。

マスクしてたり、

してたり、

してなかったり。
ってレベルしがウロウロ出来んかったが、明日も早いので本日も終了。

九州王将旅 2日目。

そんなわけで、2日目。今日も綿密なタイムスケジュールのもと、早朝から久留米市の大本山 成田山 久留米分院さんを目指す。
おっ、見えてきた。

仏舎利塔のようなものも見えますね。

大本山 成田山 久留米分院さん到着。

京都とは違ってまた独特の造りだ。

本堂をお参りしつつ。9時オープン前に行ったのでちょっと待機。
そして、いざ中へ。

救世慈母大観音様。
高さ62m。額には、直径30cmの純金の板に3カラットのダイヤモンドが18個ついていて、胸の瓔珞には直径10cmの水晶(2000カラット)とその周囲には56個の翡翠が散りばめてるそうだ。

平和大仏塔納骨堂(極楽殿)
高さ38m。日本唯一のものであり世界2基目、インドブッタガヤ大仏塔と同型のものだそうだ。

納骨堂になっている。

なりきり不動撮影スポットがあったのでパシャリ。

いざ、救世慈母大観音様の内部へ。広めの螺旋状階段をひたすら登る。巨大な建物の中、参拝客は自分一人だけだったので、ちょっと怖さも感じつつ。久留米市内を一望。

地下には、八大地獄絵巻 地獄館と極楽が。撮影不可だったので看板を。
ボタンを押したら閻魔様の音声が流れたり、鬼がノコギリで亡者をギコギコ切ってたり(通ると動く)とちょっとしたお化け屋敷な感じだけど、こちらも自分一人しかいないので無茶苦茶怖かった。最後は極楽もあり。

そんなわけで、大本山 成田山 久留米分院さんを堪能したのであった。

そのままひたすら歩いて、久大本線「南久留米駅」へ。こちらもコンパクトな駅。外観のクラシックさと奥のマンションの対比よ。

そのまま、博多まで戻り、福北ゆたか線「城戸南蔵院前駅」へ。

南蔵院さんへ。
雪がちらついている。勝手に九州は暖かいのかと思ってたけど、そんなことなかった!

釈迦涅槃像様。

お足の裏。

全長 41m・高さ 11m・重さ 約300t。ブロンズ製では世界最大級だそうだ。
体内も入れたので巡りつつ。

大不動明王様。
緑の中に赤が効いてます。

結構山奥なんだな。

その後、3時間くらいかけて熊本県入り。熊本駅も越えて、豊肥本線「滝田口駅」へ。結構な無人駅。

目的地の、餃子の王将 西原店さんへ。
こちらは、最寄駅が「滝田口駅」だが、間に川があって徒歩だと滅茶苦茶遠回りしないといけなくて大変だった。お腹を減らしつつ。

さて、お目当ての太平燕(タイピーエン)。

熊本の店舗独自のメニューだ。
これは熊本県内の店舗ではどこでも出してるみたいだが、わざわざここの店舗をチョイスしたのは、事前調査で“焼き小籠包”がメニューにあったのだけど、これまた無くなってて空振り。

とはいえ、太平燕(タイピーエン)を食べれたのは良かった。

麺が春雨の、熊本ご当地料理。野菜もたっぷりでヘルシーだった。
割とコシがあり、こういう食べ物なんだけど、個人的にはもっとくたくたに煮込んだ感じでも嬉しいかな。こういうものとして、美味しくいただいた。
そして、また来た道を時間かけて戻りつつ。

改めて「熊本駅」へ。

おっ、くまモンだ。本場ですね。
そんなわけで、市内中心部の方まで歩いてこの日は終了。

九州王将旅 1日目。

思い立って青春18きっぷで、鹿児島の端を目指すことに。
第一の目的はいつかは行ってみたかった「鹿児島 餃子の王将」。ここは、京都王将(京都人は、王将=餃子の王将で、“京都王将”は大阪人の言い方だが、今回は分かりやすく“京都王将”と呼称する)とは別会社なのだ。詳しくは後ほど。
言うても鹿児島なので、いつかはくらいに思ってて、ここ数年夏あたりを考えてたがコロナ禍もあり、中々行けずだったが、意を決して。途中、京都王将のオリジナルメニューも探しつつ。

そんなわけで、5時過ぎの始発で、出発。

ひたすら電車を乗り継ぎ。
綿密なスケジューリングをしていたものの、途中 山口県の「岩国駅」で沿線火災により2時間足止め食らう。。。若干余裕を持たせていたもののギリギリの時間配分だったのでヒヤヒヤした。

そんなわけで、博多も越えて久大本線「久留米大学前駅」という単線の駅へ降り立つ。時間は22時半くらいだったかな。人気はあまりない。そして、そこから歩きで餃子の王将 久留米インター店へ。

餃子の王将 久留米インター店(直営店)
(ラストオーダーギリギリで入った。入る前は電気が点いてたが、出た時に撮ったので消灯してる)

お目当ては、“鉄板餃子”と“鉄板焼きラーメン”、“ニラ天”だったのだが、なくなっていた。ので、中国・九州エリアメニューで何とか手を打つ。寒かったので芋のお湯割を添えて。

豚骨ラーメン。
関西でも出してる店舗はあるが、久留米ということで。

ホルモンの味噌炒め
こちらも、出してるとこはそこそこあるが、初めて食べるので。
お酒が進む感じだ。

ということで、オリジナルメニューをリサーチして行くも、期間限定だったり変わるので、ハズレることもあるが、初九州地区の餃子の王将を味わえたのであった。直営店でグランドメニュー以外のオリジナルメニューを数年前は頑張っていたものの、リニューアルがあったりで最小限に抑えられてく傾向はあるね。こういうパターンはよくあるので、注意が必要だ。

モコゾウくんソフビ

本秀康さんの愛犬モコゾウがソフビになったということで買いに。
東京と大阪日本橋のまんだらけで11/20の朝11:45〜並ぶというルールで。雰囲気見がてら11時過ぎに前に行ってみたら、まだ誰も並んでなかったので、離れぎみに日本橋をぶらぶらしつつ、11:30頃に1人並び初めてたので、なんとか2番目に並べた。
12時オープン時で、20〜30人並んでたかな。そんなこともありつつ、無事手に入れれた。
モコゾウ いつものカラーver.

こりゃたまらん。

小型でちょ〜〜ど良いサイズ感。

ギョーザ泰三

河原町OPAの裏にある、ギョーザ泰三さんへ。
ギョーザ泰三

キューリ(古漬け)
餃子は注文してから店主が包んで焼くので、アテでやりつつ。

蒸し鶏

焼き・シソ・パクチー。
おっ、きたきた。薄皮の小ぶりで何個でもいけるな。

ネギ。
九条ネギと卵黄に味噌。神戸で餃子屋やってた店主が出す餃子なので、味噌で食べるのが一番美味かった。

日清カップヌードル 魔法のレストランコラボ トマトスープ→担々麺 <阪急うめだ本店限定>

昨日は何で大阪に行ったかというと、
日清カップヌードルと「魔法のレストラン」(関西のTV番組)のコラボ味が、阪急うめだ本店で限定販売されるとのことだったのだけど、日清の通販サイトでも朝10時から限定で販売されることになってたので、10時前から頑張って何度も何度も挑戦したのだけど、ずっとサイトが混み合ってますで、会計に進めず。4時間位頑張ったけど、状況は変わらずで、もう阪急うめだ本店まで行ったれ!ってことで、行ったら既に売り切れ。そこからまたサイトに挑戦したものの繋がらず。。。夕方頃にサイトの方も売り切れになっちゃって、この日は手に入らず。
「魔法のレストラン」は観てないけど、インスタントラーメンのフタと袋を収集してるので、手に入れないといけないのだ。「魔法のレストラン」、そんな人気があるのね。ナメてた。
聞いたら、この日オープン前から500人並んでたらしく、20分繰り上げてオープンして即完売したそうで、行ったところで無理だったんだろうね。

ということで、2日目挑戦!10時オープンの9時15分位に着いたら、「11時45分〜12時」までの整理券をゲット!昨日は並んでたみたいなので、2日目で良かったのかもね。そんなわけで、2時間半ほど時間を潰さないといけなくなり、じっとしてるのも何なので、JR吹田駅の方まで線路沿いを歩いてみた。当然道があるとこと、ないとことあったり、橋も人間が渡れないとこもあるので大変だったけど、気候も暑すぎず寒過ぎずちょうど気持ちいい感じだったので良かった。結局2時間くらいで着いたのかな。ドムドムハンバーガー イオン吹田店で朝食をよばれて、また電車で大阪駅まで戻って、無事コラボ・カップヌードル買えた次第です。

日清カップヌードル 魔法のレストランコラボ トマトスープ→担々麺

無事手に入れられて良かったわ。

洋風コンソメ トマトスープから、途中でごろごろ肉みそ辣椒坦々麺に味変できる寸法。

坦々用のこんなレトルトキットが付いている。
味の方は、コンソメの方が割とあっさりなので早い段階で、坦々にしちゃった。トマトの酸味と、坦々スパイシーさで美味しくいただいたのであった。

無量光寺 首大仏さま

ドムドムのカレーは空振りだったけど、そのまま帰るのも何なので、和歌山市の首大仏さまを拝みに。
無量光寺(和歌山市)

時間帯的に逆光だけど、あちらにおられますね。

首大仏さま

なんでも、資金不足で顔しか作られなかったそうな。そんなエピーソードも効いてますね。中々大仏様のお顔をこんな近くで拝見出来る機会もないので有り難いですね。そんなわけで、拝んできたのでした。
途中商業施設とかでトイレに寄ったら断水してて、あっ!そうか、アレ和歌山だった!ってなった。

ドムドムのカレー

ドムドムが銀座に期間限定(約2ヶ月)で「カレー屋ドムドム」をオープンして、話題になってますね。物凄く行きたいけど、期間中ちょっと行けそうにないので、雰囲気だけ味わおうと、唯一カレーを出してた、和歌山県の紀伊川辺店へ。

あれ?!  カレーがメニューから無くなってる!!和歌山まで来たのに!!うそ〜〜ん。
ちなみに、2月に来た時のカレーの記事はコチラ>>

今回も7upを飲みながら、待っていると。↑呼び出しの装置がバージョンアップしているな。

しょうがないので、ビッグドム トマト&チーズにしよ。

美味しくいただいたのであった。

そうか〜〜、、、カレー無くなったかぁ〜。多分銀座の「カレー屋ドムドム」が薄れるからか?カレー提供店、新体制になってからは、姫路広畑店厚木店→紀伊川辺店と出してたけど、今もどっかの店で出してたりするかな?情報が無いけど、引き続き調査せねば。

吉野家 ミニチュアコレクション

さて、俺たちの吉野家のミニチュアが出ましたよ。
吉野家 ミニチュアコレクション

ちゅーことで、コンプリート。
湯呑みが、ラッキーアイテム(シークレットでなく公開されてる。ランダムに同梱されてた)

焼き鮭定食と

テイクアウトセットと冷酒

冷凍牛丼&豚丼とキムチ
良く出来てるな。キムチのパックは蓋と器とキムチが別パーツで自分でパック詰めした。

紅生姜もちゃんとつまめるぞ。
そんなわけで、いっただっきま〜〜す!

丹後2021

ちょっと法事で、母の田舎の京丹後市(日本海に面した、京都の北の端)へ。
子供の頃の夏休み、毎年ここに預けられてて、この海で泳いだりしてた場所。

間人(たいざ)の立岩の方へ。

良い天気で海も穏やかだ。

人が全然いないけど、中々良い場所ではないか。

屏風岩。
そんなわけで日帰りで行って帰ってきたのであった。

カップヌードルソーダ

日清カップヌードルが、今年9/18で、50周年だそうで、色んなコロラボアイテムが出てきますね。そんなカップヌードル50周年 コンプリートセット(カップヌードル 8種類・うまい棒カップヌードル味 8種類・カップヌードルソーダ 4種のアソート)が届いた。
インスタントラーメンのフタや袋を収集しているので、こういうのも手に入れないといけないのだ。カップヌードルソーダ

・カップヌードルソーダ
ジンジャー系の味で、あとからほんのりカップヌードルの余韻がいる感じ。まぁ飲めんことはない。
・カレーソーダ
カレー系のコーラなので、香辛料とは相性が良いと思うが、ちょっと油分を感じるかな。これも、まだ飲める。
・シーフードソーダ
ダメだ!シーフードのクリーミーさとクリームソーダのクリーミーさが気持ち悪い。匂いだけでしんどかった。
・トマトチリソーダ
トマト系のソーダなので、トマトジュースと思ったらいけなくはない。まだ飲める。

個人的に、シーフードが一番キツかったが、まぁ、ネタ企画なので味がどうこう言うのは無粋なんかな。缶の裏に穴を開けて出してキレイに洗って保存だ。

“うまい棒 カップヌードル味”

“うまい棒 カップヌードル味”(カップヌードル買ったらもらえるノベルティ)が出ましたね。
インスタントラーメンのフタと袋を集めてるので、これも集めないといけないのだ。生産量が多いので、ちゃんとオリジナルの味と袋(既存のうまい棒に、外側に二重袋被せるタイプでなく)ですね。味の方は、各粉末スープをフレーバーにした感じ。

宮崎チキン南蛮 ogata

どっかチキン南蛮の美味いトコないかなと思って知らべてて見つけたお店、宮崎チキン南蛮 ogataさんへ。
宮崎チキン南蛮 ogata

宮崎チキン南蛮とでかでか看板に入った専門店。
場所は宮崎ではなく、大阪の高槻ね。

チキン南蛮の冷や汁セット。
お〜、本場はこんな感じなんだろな。

美味いに決まったあった。一切れでご飯茶碗一杯いける(いや、一かじりで茶碗一杯だな)。

冷や汁。なるほど。味噌汁の脳で飲んだら、意外と塩っけがついてる感じなので。夏にはいいな。これもご飯にぶっかけて(茶碗が汚れるので、こっちにご飯入れて)食べる感じなので、とにかくご飯が足らん足らん。まさに飯泥棒だ。
ええとこ見つけたけど、最寄駅がなく車かバスじゃないといけないのが難点だけど。近所にあったらいいのにな。いつか本場宮崎で、チキン南蛮食べるのが夢である。