『パラサイト 半地下の家族』

大津アレックスシネマで、ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』を観る。大津アレックスシネマは毎週金曜1,200円均一なのね。
『パラサイト 半地下の家族』(2019年/韓国/132min)

話題作ですね。色んな要素のある映画だが、意外と喜劇要素多めだった。ポン・ジュノ監督お得意のブラックユーモアな感じ。観始めてすぐにどういう話か、どういうキャラクターかパッと分かるし引き込まれる。後半は、あら!どうなっちゃうの?!って感じで、楽しめた。韓国映画は観出すと観ちゃうね。ソン・ガンホ出てると観ちゃうね。

『パラサイト 半地下の家族』オフィシャルサイト
『パラサイト 半地下の家族』Trailer(YouTube)

“初詣2020”

さて、伏見稲荷大社へ初詣。
正月三が日を避けると、空いてて良いですね。
今年は後厄ということで、厄払いをしてもらいつつ。こちら結構スムーズに受けれましたわ。有難や。

おみくじ引くと「大大吉」なる見たことないのが!全部上手くいく的なことが書いてありました。ここ数年は凶とか小吉的なのが続いてたけど、厄払い後に引いたからかな?何か今年良い年になりそうである。運極状態である。

「大大吉」の余韻を噛みしめつつ(ウイニングラン)、稲荷山登るぞ!海外の人が多いな。

というわけで、ヒィーヒィー言いながら頂上まで。

行きしは「大大吉」の余韻、帰りは今年はこんな年にしよう的なことを考えつつ、頭の中で自問自答する場でもあるのかもしれないね。

“カルビー 堅あげポテト BIG うすしお味 150g”

“シズル感”を頑張って表現してみるシリーズ。
カルビーさんの“堅あげポテト”。ポイントはビッグサイズのとこかな。まぁ、ビッグザイズだと嬉しいよね。
“カルビー 堅あげポテト BIG うすしお味 150g”

原画こんな感じ。

とりあえず、激しめにパキッとハイライト入れると、雰囲気出るかな。
撮影する時の照明変えてみました。明るくなった。

『生理ちゃん』

京都みなみ会館で、品田俊介監督『生理ちゃん』を観る。小山健先生の大ヒット漫画の実写映画化作品だ。原作本、人に貸したまま全然返ってこなくて読めんのよな。。。(アイツー!)
『生理ちゃん』(2019年/日本/75min)

生理や性欲や童貞など目に見えない物を上手く具現化してて、霊とかそういう映画は観たことあるけど、この具現化は観たことないね。女子と男子の心理状態が分かりやすく表現されてて(原作あっての)上手いね。映画版も良かった。女子のお話だけど、男子が観る方が良いし、中学高校の性教育でかけたらいいと思う。って言うか作ってるのみんな男子(原作・監督・脚本)だもんね。
登場人物みな、原作のタッチに出てきそうで凄く重なった。リットンの藤原さんももろに出てきそうだ。原作自体がドラマやアニメのような演出をしてるから、実写との親和性が高いんだろうね。
伊藤沙莉さんのハスキーボイスは魅力よね。(アニメ『映像研には手を出すな』での声優はイイ仕事してたし。)劇中に出てきた“山内”ってキャラは小山健先生っぽかった。狙ったキャスティングなのかもね。

『生理ちゃん』オフィシャルサイト
『生理ちゃん』予告編(YouTube)

上映前に時間があったので、ミスター・ギョーザで一杯やりつつ。

『We Made in Y.A.I vol.9』展示

美術研究所時代の友人との毎年恒例のグループ展に出展します。
『We Made in Y.A.I vol.9』
参加作家:
家原 恵太/ Keita IEHARA
川中 政宏/ Masahiro KAWANAKA
河野 晃久/ Akihisa KAWANO
川村 淳平/ Jumpei KAWAMURA
さらたに なみ/ Nami Saratani
田中 沙知/ Sachi Tanaka
堤 圭司/ Keiji TSUTSUMI
松村 要/ Kaname MATSUMURA

 

Art Spot Korin
開催期間:2020年 1月7日(火)- 26日(日)
15:00-19:00(最終日 ~18:00・月曜日休廊)
※クロージングパーティー:18日(土)17:00よりスタート。

テーマモチーフ”糸”
そこから作家が各々自 由に構想制作を行います。

今回、イトメンのでかチャンポンめんの絵を展示しています。

yai4-2■住所:京都市東山区大和大路古門前東入る元町367
■電話/FAX:075-746-3985
■交通案内
◎京阪電車『三条駅』下車、2番出口徒歩3分
◎京阪電車『祇園四条駅』下車、7番出口徒歩8分
◎市バス『三条京阪』徒歩5分

■お車の場合
◎大和大路通りより古門前通りに入ってください。(紫紅社さんが目印)
◎駐車スペースはありません。100円パーキングをご利用願います。

Art Spot Korin HP>>

『We Made in Y.A.I vol.9』搬入。

さて、2020年1月7日(火)〜始まる、毎年恒例の美術研究所仲間でやってるグループ展『We Made in Y.A.I vol.9』の搬入です。会場はもちろん、Art Spot Korin(京都・三条)。今回のテーマは『糸』。
精鋭たち。

搬入スタート。

僕のでかチャンポンめんはすぐに搬入完了。

正面のええとこに飾らしてもらった。

ちょっとした壁掛けテレビくらいあるかな。27インチくらい?

Art Spot Korinのスタッフでもある川中くんの。既製のセーターを一回全部解いてまた編んだとか。色々制作秘話も面白いので、彼が詰めてたら聞いてみても良いでしょう。

堤くんの彫金作品も面白い構造になってるので、近くでじっくり観ると良いでしょう。

キャプションも作りつつ。

無事搬入完了しました。

『We Made in Y.A.I vol.9』
参加作家:
家原 恵太/ Keita IEHARA
川中 政宏/ Masahiro KAWANAKA
河野 晃久/ Akihisa KAWANO
川村 淳平/ Jumpei KAWAMURA
さらたに なみ/ Nami Saratani
田中 沙知/ Sachi Tanaka
堤 圭司/ Keiji TSUTSUMI
松村 要/ Kaname MATSUMURA

Art Spot Korin
開催期間:2020年 1月7日(火)- 26日(日)
15:00-19:00(最終日 ~18:00・月曜日休廊)
※クロージングパーティー:18日(土)17:00よりスタート。

“イトメンのチャンポンめん”

“シズル感”を頑張って表現してみるシリーズ。
イトメン株式会社さんの“イトメンのチャンポンめん”。兵庫県たつの市の会社だけど、京都だとあんまり売ってない(一部のスーパー)んだけど、昭和38年発売の中々歴史の古い即席麺。
“イトメンのチャンポンめん”(PCに取り込んで調整したもの)

こちら原画出来るまで。まず、線画で塗り絵状態にします。

色を塗っていきます。袋のパリッと感に合わせ、陰影をつけていきます。

全部塗ります。とりあえず、白のハイライトで光らせるとそれっぽくなるます。

切り抜いて完成。

実は結構大きいです。(左に写ってるのが本物)

今日の靴…01465

今日の靴も、sacaiFall2020から引き続きNikeとのコラボスニーカー。
まだ情報がないので、正式な名前か不明だけどVAPOR WAFFLE?という噂も。
Shoes:01465 “sacai x Nike” VAPOR WAFFLE?(仮) Sneaker(FW2020)
“sacai” FW2020 Look(VOGUE RUNWAY)

Tumblrとnoteでも1日1足更新中>>
http://jumpei-kawamura.tumblr.com/
https://note.mu/jumpei_kawamura

今日の靴…01464

今日の靴も、sacaiFall2020から引き続きNikeとのコラボスニーカー。
まだ情報がないので、正式な名前か不明だけどVAPOR WAFFLE?という噂も。
Shoes:01464 “sacai x Nike” VAPOR WAFFLE?(仮) Sneaker(FW2020)
“sacai” FW2020 Look(VOGUE RUNWAY)

Tumblrとnoteでも1日1足更新中>>
http://jumpei-kawamura.tumblr.com/
https://note.mu/jumpei_kawamura

今日の靴…01463

今日の靴は、sacaiFall2020から引き続きNikeとのコラボスニーカー。
まだ情報がないので、正式な名前か不明だけどVAPOR WAFFLE?という噂も。
Shoes:01463 “sacai x Nike” VAPOR WAFFLE?(仮) Sneaker(FW2020)
“sacai” FW2020 Look(VOGUE RUNWAY)

Tumblrとnoteでも1日1足更新中>>
http://jumpei-kawamura.tumblr.com/
https://note.mu/jumpei_kawamura

『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』

京都みなみ会館で、小林勇貴監督『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』を観る。
そう、井口昇監督の名作『片腕マシンガール』(2007年)のリブートだ。
『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』(2019年/日本/76min)

公式のキャッチコピーで“極悪リブート”とあったので、これちょっと悪い意味で“極悪リブート”ちゃうやろな?と心配してた(大仁田が自分で“邪道”って言ってる的な?)けど、意外と良かった。2、3ヶ所好みのシーンもあったし。ヒロインの2人、アクションも良かったし、目力もあって良いキャスティングだったと思う。
リメイクではなくリブートというこで、「片腕〜」のアミとヨシエって役名と腕がマシンガンってことぐらいで、別の新しい話だ。唯一「片腕〜」にも出てた石川雄也さんが出てた。あとは、西村喜廣さんの要素を濃いめにしつつ、それだけだと暴走しはるので、そこを小林監督の要素がバランスをとってる感じかな。「片腕〜」の井口監督のセンスが大好きなので、期待し過ぎないようにしたけど、良かった。年末とか正月気分で観るのにいいかもね。
ただ、井口監督が一切この作品について触れないんは何か色々あるんやろなと思ったり。与り知らずなんだろうね。小林監督と西村監督も、関係がよろしくないようだし。
井口昇監督の『片腕マシンガール』といえば、HDリマスター版のBlu-rayが3月に出る予定で、主演の八代みなせさんと井口監督のコメンタリーが付くそうだ。公開当時一切宣伝に出てこなかった八代みなせさんが何を語るのか凄く楽しみだ。

『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』公式サイト
『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』予告編(YouTube)

鼓月 “千寿せんべい”

“シズル感”を頑張って表現してみるシリーズ。
京都の銘菓、鼓月の“千寿せんべい”。美味しいやつですね。他のメーカーも似たの出してる(「孤独のグルメ」で出てきた新潟の“あささささ”ってそっくりなお菓子が出てきたけど)けど、ここのが本家ですね。
鼓月 “千寿せんべい”

3つのパーツから出来ています。

合わせて完成。
(ちょっと、印象として薄かったかな。もうちょっと厚みつけたらよかったね)

オレオ的な食べ方もね。