囲みたい季節だ。

2005112.jpg11月って、もう冬じゃないか。まったく、鍋でも囲みたい季節だ。「スポーツと鍋は友情を育む」。。。昔の人は、上手い(美味い)こと言ったもんだ。鍋か。イイなぁ〜。

朝方。

ふぅ。11月か。早ええ。”火垂るの墓”実写版を観る。泣く。。。?

2005111.jpg

わっっっ!!立ったっ!!

ええ?!10月終わりか。毎月言うてるなぁ。姪のひなちゃんが見るたびに成長している。カワイイんだな、これが。立ったのを初めて目撃!日々、細胞が活発に生まれているのだろ。脳もまだ白紙な感じで、一つ一つのカワイイ動きに、計算とかいやらしさが全くない。当り前やけど。。。自分のいやらしさ、腹黒さを痛感する。。。毎回ホントに人体の神秘を感じる。小宇宙だ。スッゲぇ〜なぁ〜。。。スッゲぇ〜なぁ〜〜〜。まだ、言葉はしゃべれないけど、ボクが行くと、周りの人間が「ヒゲのおっちゃん来たで!ヒゲのおっちゃん来たで!」っと変な事を教え込もうとする。もう慣れたはっ!!

20051031.jpg

(再現映像)

テレビで久々に、長州(現場監督)がキレたのを見る。健在。蝶野・天山組が、IWGPタッグ挑戦権を無理矢理決めたのにキレたのだが、10・30、中邑・棚橋組を破りIWGPタッグを奪回したようだ。蝶天タッグ復活だ。

20051030.JPG

これも昔、遊びで作った(非売品)

200510291.jpg200510292.jpg


















なんちゃってジタン。。。中身は本物。そんなボクは、非喫煙者。?

昔、遊びで作った。。。(非売品)

う〜〜ん、英語しゃべれんといかんなぁ〜。うん〜ん。。。いかんいかん。『緋の十字架』凄いことになってきたな〜。。。来週楽しみ。『貞操問答』もこの先どうなってくんだろ?!

20051028.jpg

HITOSH1 KUROKI

先日、東京へ旅立った長介。SHIMA銀座店のサロン内ギャラリーでの個展がスタートしたそうだ。おめでとう。2005/10/24-12/31までat SHIMA GINZAHITOSHI KUROKI?フリーランスのイラストレーター、黒木仁史さんがSHIMA銀座店の為に描き下ろしたイラストを展示しています。1978年生まれ、鹿児島県出身。2002年大阪芸術大学デザイン学科卒業後、雑誌・広告・Tシャツデザイン・ライヴペイント等多方面にて大活躍中。?

『SHIMA』

だそうだ。関東方面の方は是非!
『HITOSH1 KUROKI』
20051027.jpg

部屋を片付けていると。。。 (本当は部屋なんか片付けてない)

実は、もう1枚あったりする。。。そのまた、2年後にもらったサイン。”は・ま・お・か・け・ん・じ”は健在でした。現在もこのサインなのかは分からないけど。絵は、当時”少年チャンピオン”で、連載してた『浦安鉄筋家族』の土井津仁。Tシャツの”J”が、淳平の”J”ともとれる逸品。はうぁ?!タイガース残念。。。日本中が観てる中での戦い。個人競技ではなく、団体なので個人個人が(試合中も、相手の胴上げ中も)凄い精神状態なんだろうな、と思う。昔、自分が剣道をやってた頃の、大事な団体戦の試合とかの何とも言えん精神状態の記憶が甦る。ハラハラ?吐きそうに?身体中が凄い緊張してしまった。規模は全然違うけど。。。来年こそは!

20051026.jpg

部屋を片付けていると。。。

部屋を片付けていると、こんなのが出てきた。。。漫画家・浜岡賢次さんのサイン。”は・ま・お・か・け・ん・じ”と、上手いこと出来ている。絵は、当時”少年チャンピオン”で、連載してた『4年1組起立!』の神奈川健と、『浦安鉄筋家族』の大沢木小鉄が共演している逸品。『浦安鉄筋家族』の連載が始まった頃ので、小鉄の表情もまだ定まってなく、髪型がまだボウズではないところが、貴重かもしれない?日々の楽しみ、『貞操問答』と『緋の十字架』を見逃す。。。
http://www.tbs.co.jp/ainogekijyo/http://www.tokai-tv.com/jujika/

20051025.jpg

手乗り鳩。

200510241.jpg200510242.jpg原画は、1羽これぐらいのサイズ。インコか文鳥くらいある。←撮ってる時は気にしてなかったけど、すごいシンボリックな感じ。ハトといい背景のグリーンといい、手を挙げて意志を示してるような。下に、”NO WAR!”とか入りそうな(もちろん、反対ですけど。)、最小限の表現。。いや、そういう意図で撮ったわけではないが、次ねらったら、撮れないな。。。

ちなみに、このHPの最初に飛ぶ鳥は、コレ。今、見ると小さいな。4羽並べると、翼の軌道がちょっとあやしい。。。昼ドラ『緋の十字架』に、映画『月光の囁き』や『ねじ式』のつぐみが出てくる。(ヒロインの子役が一気に7年経って、大人になって。)うわ!これは観ないと。