ブゥ〜ン、ブゥゥ〜〜〜〜ン♪。。

NISSAN WINGROADに、イラストレーターのホリモトくんが「乗りたい!乗りたい!」としつこいので試乗。アクセルのレスポンス、シャープな切れ味のステアリング。中々乗り心地良いなぁ。(ウソ。エンジンはかかってません。乗り心地はホント。)ガレージは側面が、ギャラリー的になってるが、この後CHO-CHANが壁にライブペインティングしていくそうで、楽しみ。期待してます!

「WINGROAD」

20051117.jpg

国内某所『SECRET GARAGE』

で、昨日は国内某所にある我らがdigmeout FACTORYの基地の正式オープンということで、そのパーティーに駆け付ける。この事務所の1階が、NISSAN WINGROADとdigmeoutのコラボレーション・プロジェクトとして出来た『SECRET GARAGE』とうガレージになっている。digmeoutのアーティスト達が今後このガレージで思い思いにアート・パフォーマンスを繰り広げるそうだ。んで、この場所は一般的に非公開。ネット上にて公開されるそうだ。なので国内某所としか言えないのだ。言うと、片目を開けてソファーで寝る生活になるかもしれないのだ。。。

『SECRET GARAGE』

パーティーに着くと、いつもの面々や関係者がいっぱい集まり、シャンパン空け放題な感じ。NISSAN WINGROADも置いてあり、乗り放題な感じ。イラストレーター大谷リュウジ氏が誕生日ということで、お約束ケーキどっきりあり(彼をイメージした真っ黒チョコケーキ)と楽しい一時。アートブックも出るとかで、見せて(魅せて)もらう。藤田侑吾くんの絵は日本人が描いたっぽくないのに漫☆画太郎的要素があり、好きだ。うん。イイ!その後ハンサムデザインさんやバロンさん、いつもの面々で軽く呑みに行き語らう。終電ギリギリになり森田博之とタクシーで大阪駅へ。ふぅ〜〜、何とか間に合い無事家に帰れそうだ。よかったよかった。(↓2005.11.15のmemoにつづく。。。)

20051116.jpg

ふぅ〜〜、ようやく京都。

今日も寒いですね。今日は大阪に用事があったのですが、家を出る際、手袋とマフラーを持っていくか悩んだあげく、まぁまだいいかと持っていくのをやめる。大阪からJRの終電で帰ってきたのですが、ボクが住んでるのは京都駅の次の駅。車内でウトウトしてて京都駅で目が覚めたんですが、また軽く目を閉じ降りる駅に着いたので降りようとすると、、、んげ?!大津駅?!(あの琵琶湖のある滋賀県)乗り過ごす。。。住んでるとこが京都と滋賀の狭間なので、駅と駅の距離が大分どころか山を越えるレベル。1駅違いが大違いなのだ。信じれん!終電だったわけで、しゃぁなしに乗り越し130円払って出る。畜生ーーッ!!うぐぐぐ、、、テメーー!コノヤローー!!と長州バリにキレたいところだが自分が悪い、やり場のないやってもた感。。。タクシーに乗ったら負けだと思い意地で歩いて帰る。ここで、初めて手袋とマフラーを持ってこなかったことを後悔。マルコ(母をたずねて三千里)やネロ(フランダースの犬)の気持ちが分かる。こんな時に”日産・ウイングロード”があったら直ぐ帰れるのに。。。http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/Y12/0511/CONCEPT/main2.html大阪でもらった水(ペットボトル)を飲みつつ(もらっててよかった)電車だと5分位のところを、結局2時間位かけて帰ってくる。映画1本観れるじゃないか、まったく。むきーーーーーっっっ!!!!!

20051115.jpg

寒いもんは寒い。

昨日から、なんか寒くなってきた。自転車で走りまわるのが、ちょっと億劫な季節だけど、必死に漕ぎたおして暖ったかくするしかないな。でも、寒いと空気が冷たくて美味いような気がするし、身が引き締まるような寒さは嫌いじゃないけど、、、いや、やっぱ寒いもんは寒い。。あ”あ”あ”ぁぁ〜〜、寒ぶい寒ぶい。。。

20051114.jpg

”ヤングライオン”

今日は、京都文化博物館であった”AMUSE ARTJAM 2005 in KYOTO”を観に行く。これは新人アーティストの登竜門的なコンペティションだそうな。ホントは観に行ってる場合でなく、出さないといけない立場だが。。。が、観に行く。行くまでは、結構ナメてたけど会場に着くと、どれもこれもパワーがあって面白い!知ってる人も結構出している。行ったのが遅く閉館30分前(遅くといっても14:00)で、あまりじっくり観れなかったけど、楽しめた。その後、色んな人と話をしていると表彰式が始まった。(表彰式があるなんて知らんかった。)で、色んな賞が発表されていき、な、なんと!Re:VERSE所属のトヨクラタケル氏が準グランプリを獲得!スゴイ!感動した!匠であります。こういうコンペは絵だけじゃなく立体や映像、パフォーマンスなど色々あり、奇抜なことやったモン勝ちなところがあり、平面はキツイのかな?と勝手に思ってたけど(受賞者をビジネス支援する分、そうでもないのかな?)、やってくれました。何か、異種格闘技の大会で(純)プロレスラーが勝ったような歓び(Re:VERSEをレスラーに例えると中邑真輔かな?)。と同時に、いかんいかん自分も頑張らねばと、メラメラ創作意欲をかき立てられる。コンペの結果発表のハラハラした空気も味わえたし。ボクの唯一の受賞歴は『おぼっちゃまくん』の茶魔語くらいだけど、(2005.07.02〜04のmemo参照)こういうコンペも出さないとな。色んな意味で、行ってよかった。さ!絵描こ!『AMUSE ARTJAM 2005』http://www.amuse.co.jp/artproject/artjam2005/『AMUSE ARTJAM 2005準グランプリ受賞者トヨクラタケル(Re:VERSE)』http://www.hcn.zaq.ne.jp/re-verse/話し変わって、新日が、ちょっとずつ良い方向に動きだしてるのを感じる。放送の仕方がましになったのかもしれないが。いや、でもおもしろかった。

20051113.jpg

これなら、クツの中に入らないな。

20051112.jpg原画。結構大っきい。虫の部位の名称が分からないけど、これまたバラバラに作り、貼り合わせてるので微妙な立体感が出てイイ感じ。風の谷のナウシカのオウム的立体感がきもちいい。この花も、直に描いてるのではなく、(最初は白い虫に)別で一輪ずつ描いて切って、押し花みたいに貼りつけている。そういや、ナウシかは小さい頃からテレビでしょっちゅうやってるけど、最初から最後まで通してちゃんと観たことないなぁ。途中で寝たり、しょっちゅうやってるからいつでも観れるか、って。千と千尋の神隠しも観てない。。。

蟲を描く。。。

20051110.jpg個人的に虫は大嫌いだが、どうすればそうじゃなくなるだろうか?と”リデザイン”?主食(蜜)である花を虫自身にあしらってみる。んん〜〜、別に虫を好きにならなくてもいいや。。。今日は、デーモン小暮閣下の誕生日らしいですよ。魔暦紀元前(B.D.)100036(B.C.98038)年11月10日発生だそうだ。何だこりゃ?

花を描く。。。

2005119.jpgたまったMOディスクを初期の頃から整理する。MOの利点としては、CDと違って一度入れたモノを出したり新たに入れたり出来るところ。難点は、ちょっと高いところと、今はあまり主流ではないところ?色んなモノをごちゃごちゃに入れてたり、空き用量がだいぶ残ってたりするモノもあったりと、もったいないので整理する。Mac買いたて初期の頃なんか、画像を解像度1000(サイズにもよるが、最低350あればよい。)で取り込んでたりと、無意味に重たい。それを整理したらなんと、640MBのMO46枚→35枚にすることに成功!11枚も得した!やったー!

MK。

<お詫びと訂正>どうやら、愛染倉(あぜくら)は、”京都嵯峨野に吹く風は〜♪”のアゼクラではないそうです。”京都嵯峨野に吹く風は〜、愛の言葉を笹舟に〜♪”のアゼクラは、愛ZECRA(あぜくら)だそうです。全くもって関係ないそうです。ここに訂正すると共に、ご迷惑をお掛けした新郎新婦ならびに関係者各位に深くお詫び申し上げます。

2005118.jpg

美男美女!お、絵もあったあった。

和装いいなぁ〜〜。終始、花嫁の角隠しや着物の構造が気になる。初めて本物を見たが、凄い細かな細工の櫛やら水引きやらで目出たい事になっている。着物も鶴が羽ばたいてて、絵のハトと微妙に絡めてくれたのだ。あらためて、日本の良さを感じる。あの角隠しは、涙を隠す役割もあるのかもしれないな。感動したっ!背景の掛け軸もビックリだ!その他、結婚式用のタクシー(乗降時、後部座席の花嫁が乗る部分の、天井がバコッと開いたり、タイヤに白い布を巻いたり)や特別衣裳の運転手など、夜中に新幹線を輸送するような細心の注意。非日常的な神聖な空気。普段見れないモノを見れたイイ体験でした。絵は、A1で正解。A0言うてもよかったかな?やり過ぎか。(ホント、イイ仕事してるなぁ〜。)そうそう、更に今日11/7は島ちゃんの誕生日だそうな。実にお目出たい。重ね重ね味重ね、おねでとう。チャーリー浜と笑福亭笑瓶と松村雄基と井上貴子と一緒だそうだ。

uhauha2000

2005117.jpg