『大師山清大寺 越前大仏』

その後、一旦勝山駅に戻り越前大仏へ行くバスの時刻表を見るも、ない!
ので、歩いて。2kmちょいなので大したことはない。
おっ、見えてきた。遠目からでも凄い重厚で巨大な感じが分かる。

大師山清大寺 越前大仏。こっちに来たかったのだ。

越前大仏は、相互タクシー創業者の故・多田清(勝山出身)氏が、総工費380億円かけて作ったが、死後不動産会社の経営悪化で公売にかけられることに

参道の店もほとんどシャッターが閉まってる。1,2軒やってるようなやってないような店があったが。

そして、いざ!自分1人しか参拝者はいないぞ!受付に人がいただけ。境内には誰もいない。!なので、対比するものがないのでスケール感が伝わりづらいが、とにかくスケール感が尋常じゃない。

仁王像。阿形。こっちは日が当たるせいか、表面が剥離してた。

吽形。ともにデカい。

これまた伝わりづらいが凄い重厚な建物。

映画『エンジェルウォーズ』に出てきそうな感じね。
良い意味で、海外でスケール感分からず巨大に作られた日本の寺院って感じで、異空間だった。ほんと映画のロケで使えそうな。

凄い重厚でしょ。ガッチガチに造られてる。いざ中へ!

越前大佛様。大きい!

これまた伝わりづらいが、手前の赤いシートは5〜6人座れる感じかな。

こちらも巨大だ。

↑消化器がこのサイズ。

終始お経のようなBGMがうっすら流れてるのと、このとんでもなく巨大な空間に巨大な造形物。そこに自分1人しかいない、誰の気配もない!それがちょっと怖くもあり、自分が異空間にいるような不思議な気持ちになる。多分東大寺の大仏も全ての人をいなくして1人だけで入ると同じ感じになるんかな?と想像したり。他の参拝者やお寺の人の気配があるかないかで全然違うね。先日の観音院加賀寺は廃墟過ぎて怖かったけど、ここはまだBGMのせいか数時間おれそうだ。誰にも邪魔されないし。いや〜、面白い空間だ。

外に出て。閉鎖されてる遊歩道も気になるな。

すっごい重厚。

こっちの五重塔も鉄筋コンクリート造りがガッチガチだ。

エレベーターで5階まで。勝山市を一望。

遠くに勝山城が見える。
いや〜〜、ここイイわぁ〜。凄いわぁ〜。また来たい!冬は冬で雪景色になるみたいだし。

その後、勝山に温泉があるとのことで、ふらふら汗だくになりながら歩きで。

勝山温泉センター水芭蕉
最終のバスまで時間が無かったので、15分で入浴!それでも肌がつるつるになったわ。

そして、バスで勝山駅まで帰ってきつつ、1日何にも食べて無かったので、コンビニのますの寿し(富山のだけど、前富山行った時に気になってた)を呼ばれつつ。コンビニのでも全然美味い。

大分むぎ焼酎 二階堂のCMに出てきそうな田園の中を走っている。

1時間くらいかけて福井駅まで戻ってきた。

前回休みだった、ヨーロッパ軒 総本店へ。

メニュー。 ん?少年チャンピオン(秋田書店)のマークみたい?

福井名物 ソースカツ丼を。

柔らかくて美味かった。串カツをソースにつけたのでご飯食べてる的な味だった。

その後、一筋下がったとこにある、そば居酒屋 ポポー軒さんへ。

店主の巧みな湯でさばきを見つつ。

福井は、おろしそばが名物なのね。大根の辛味の効いた十割蕎麦を美味しくいただきつつ。

終電もあるので、足早に福井駅へ。
の途中に、黒川さんの裸サックス(ヌー銅)に遭遇。イイ写真が撮れた。
そんなわけで、福井旅目一杯楽しんだのであった。シーズンごとに18きっぷ買ってみるの良いなと思った。

『福井県立恐竜博物館』

青春18きっぷが1日分残ってて、期限が迫ってるということもあり、っていうかどっかまた電車乗って行きたいなと言うことで、福井へ。
えちぜん鉄道に乗り換え。

木を基調とした駅なのね。1両編成で途中から単線の電車。
行きしに乗った電車は、女性アテンダントさん(↑写ってる後ろ姿の人)が乗っててアナウンスや乗り降りの業務しはるのね。

1時間弱くらいで勝山駅到着。

駅前。おるおる。

福井入ってから、そこら中に恐竜おるからもう慣れたわ!

ちゅーことで、このコミュニティバスに乗って、いざ福井県立恐竜博物館へ!

到着!

福井県立恐竜博物館

地下に降りていく構造。地層的なことをイメージしてるんかな?

地下に到着。

動くぞ。

実物からレプリカまで、骨格だらけ。恐竜の顔って、真正面から見ると意外と縦に平べったいのね。

ちょこちょこ動くやつがいたり。

おもしろい構造のがいっぱいおるね。

こんなのがウロウロしてたと思うと、ゾッとするよ。

9月入って夏休みも終わり、ちびっこも減って観やすかった。

福井で発掘された恐竜のコーナーも。

再び地上へ。こんな巨大オブジェがあったり。

こんなのもあるぞ。かつやまディノパーク

森の中に43体の実寸サイズの恐竜がいるそうだ。

現物はそうでもなかったけど、写真に撮ると雰囲気出るね。

雨上がりだったので、カラダだ濡れて逆に雰囲気出てるんかな。

ちょこちょこ動いたり、終始そこら中で鳴き声が鳴り響いているぞ。

そんなわけで、恐竜探索を楽しんだのであった。
2人以上で行くと、もっとふざけた写真撮れるんだろうけどね。

『浜松餃子』

さて最終日。というか帰る日。
18きっぷで帰るので軽く寝て早朝に出発。
お世話になった。ありがとう!非常に快適だった。

そんわけで鈍行の旅。途中熱海駅で降りてみるも、豪雨!なのでコーヒー飲んでまた電車に戻る。

浜松駅で下車。浜松餃子、気になってた店2つとも休みだったので、駅に隣接した石松餃子さんへ。えらい行列だ。

ふじのくに限定の静岡麦酒というのが標準装備らしいので、いってみる。

餃子の定食。
初浜松餃子だったけど、キャベツ?たっぷりで甘みのある餃子なのね。美味しく頂いた。

そんなわけで、またすぐ乗車。途中の大垣駅のホームには、こんな自販機あるのね。
そんなわけで、ボチボチ帰ってきたのであった。

『ぼんご』

仕事の打ち合わせで色々あって、急遽取材を兼ねて大塚のおにぎり屋さん『ぼんご』へ。
よくテレビで観るし、行ってみたかったとこだ。昼間は凄い行列みたいだけど、夜はテイクアウトの人が行列してたかな。店内で食べるのは、ちょっと待ったくらいで入れた。

おお〜、この感じ。目の前で握ってくれるのだ。

シンプルに、しゃけ・梅・高菜で。デカくてふわっふわで腹一杯になったわ。美味かった。量的に2個で十分だったかな。食べたい具がいっぱいあって近所にこんなとこあったら通うだろね。店の人も凄い感じよかった。気になる具があったら、味見させてくれたり、具について聞いてきてくれたり。流行るわけだ。味ももちろんだし。

帰宅後、またまた独身貴族呑み。

『丸鶴』

仕事をこなしつつ、ちょっと行ってみたかったとこへ。
東武東上線 大山駅。

初めて来たけど、ああっ、街ぶら系の番組でちょいちょい見る商店街ね。

その商店街からちょっと離れたとこにある、中華料理の丸鶴さんへ。

ここのチャーシューチャーハンを食ってみたかったのだ。

これおかずに白飯いけるぐらい濃いめの味付けなのでビールでもいけるやつだ。濃いめが好きなので好みだった。

夜、またこのシマシマ男と合流。サクッと呑みに。

レモンサワーのレモン(板状)が凍ってカッチカッチだったのを崩している図。

なんやかんやつまみつつ。

家では酒場放浪紀観ながら飲りつつ。

『KAZUO UMEZZ 美少女展 MILKBOY』

朝から蕎麦を湯がいているぞ。
フライパンで茹でるスタイルだ。

十割蕎麦、二八蕎麦、五割蕎麦を食べ比べてみようぜということで、僕がお土産に買ってきたのだ。

蕎麦の割合が上がれば上がるほど、茹で汁がドロッドロで蕎麦湯に出来るっちゅうわけか。どれも普通に美味かった。

昼から楳図かずお先生とMILKBOYのコラボ展『KAZUO UMEZZ 美少女展 MILKBOY』を観に、ヴィクセン・プロダクツ(渋谷区神宮前)へ。

ピンクを基調とした世界観。

こんなタイツや。

コラボ商品。

キャップや。

ギョエーーー!

ギャーーーー!!!

グワシーーー!!!

自分動かすの珍しいかもね。

この本の刊行記念の展示でもあるのだ。と言うことで購入。展覧会特典のステッカーも手に入れた。

その後、三軒茶屋をぶらぶら、何かそこら中で祭りやってるのね。

SHINICHIRO PIZZAへ。夜、阿波踊りがあるとのことで店先でフィギュア・イラストレーターのタカハシカオリさん(右)とネコさん(デハラ事務所アシスタントOGで、このSHINICHIRO PIZZAはお兄さんの店)が売り子をしているぞ。

イラストレーターの黒木仁史の野郎も合流。

美味そうなやつ(美味かった)ばっかりだ!

クアトロフォルマッジ。チーズの塩っけとはちみつの甘みの美味いやつだ。

おっ、阿波踊り始まった。いろんな地域のチーム(連)があるのね。

阿波踊り初めてみたけど、凄いカッコよくてグッときた。中々良いモンだな。

ハマりそうだ。いつか本場徳島のも観てみたいもんだ。

店に戻り、語らいつつ。

美味いピザや、

料理に舌鼓を打ったのであった。どれも間違いないやつだ。

そんなわけでお開き。