『ボーダー 二つの世界』

京都みなみ会館で、アリ・アバシ監督『ボーダー 二つの世界』を観る。
『ぼくのエリ 200歳の少女』ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作のだ。
『ボーダー 二つの世界』(2018年/スウェーデン・デンマーク合作/110min)

『ぼくのエリ』の経験もあって、予告見て大体世界観やストーリーが予想出来たので期待し過ぎたのもあるけど、ちょっと想像してたよりも跳ね切らなかった感はある(個人の感想)けど。それ抜きにすると、ビジュアルも映像の雰囲気も好きだし、題材的にもおもしろいと思う。予告観ずにだったら、どういう話?どうなるのどうなるの?ってもっと楽しめてかもしれない。

『ボーダー 二つの世界』公式サイト
『ボーダー 二つの世界』予告篇(YouTube)

新生・京都みなみ会館
リニューアルオープン後、やっと見に来れた。

お洒落な感じになっているぞ。

スクリーンも3つになってた。
赤いシートに薄水色の内壁が、以前のみなみ会館の色味だった。

おっ、井口昇監督のサイン。旧みなみ会館の扉が展示されてた。