なおった!

昼間、京都造形大学の卒展を観に、京都市美術館へ。行ったのが遅く、映像やインタラクティブ系はじっくり観れず。全体的に、お金・手間・頭を使ってる感じで、コンセプト抜きに、完成度が高い。とりあえず、みんなお金掛けてるな〜と言うのが、印象。実はここだけの話、18、19歳当時、ここの情報デザイン学科に、最も入りたく絵描いてたりもしたので、色々当時を思い出す。落ちたけど。仮に、入れてても、こんなけパワーもなかっただろうし、逆にココへ行かなかったから、今があるような気もするし・・・。ま〜いいや、こんな話。 色々、創作意欲も湧いてくる。さて!修理に出してたデジカメが帰ってきました!懐かしい。思ってたよりも早かったです。あの、一瞬のポロリが結構イイお値段。。。あ痛たた。。ま、無事治ってくれて一安心。

200533.jpg

レセとカフェ。

三条にあるニュートロンへ、入江マキさんの個展を観に行く。彼女の個展を観に行くのは、3回目くらい? ディヴィッド・ホックニーを彷佛させるような、ドローイング調なタッチ。嫌な日本人臭さを上手いこと消せてて好きです。今回、半自費出版な感じで30部限定の絵本が販売されており、かなり欲しいが、お財布的に断念。次ぎ、タイミングが合えば、買おっと。その後、大阪へ。リニューアルしたての、&’sを、チラのぞきしつつ、南堀江のdigmeout CAFEで、今日から始まる新田岳展のレセプションへ。新田くんと言えば、りそな銀行のカード第7弾が、昨日3月1日からスタート。 花や蝶をモチーフに、春にピッタリの絵だ。今回の個展は、その原画はもちろんのこと、普段の新田くんのカワイイキャラバージョンではなく、大人バージョンな感じ。会場全体が、春でした。明王院住職のお兄さんや、九州からご家族も駆け付けておられ、そっくし!その後、いつものパターンで、イラストレーターの上田バロンさん、黒木仁史さん、新田岳さん、堀本勇樹さん(50音順)と、カフェコンテニューへ。堀本勇樹・京橋40m感動裏話や、パンダの話などなど、聞く。で、終電で帰宅。

200532.jpg

コレコレ!

あ、3月か。りそな銀行が海外プレゼンテーション(投資家用)のために、これまでのカードをカタログにしたそうで、それを頂く。厚みのある上等な黒の台紙に、シルバーの文字、そこに歴代のカードが6枚貼り付いている。かなり豪華な仕上がりだ。いいモンもらった。http://reenal.net/

200531.jpg

京極弥生座『Revival Blues』トークショー

え〜〜、本日いよいよ京極弥生座『Revival Blues』トークショー。
夜まで時間があったので、烏丸御池近くにあるTable & Sofaへ、
中島良二さんの個展を観に行く。 本人もいたので、絵や仕事のこと、digmeout オーディションの話などをする。個人的に闘牛の絵が好き。
呑まない、酔いどれ詩人=中島良二な感じでした。

そして、19:00に弥生座へ。横山キックさんと、司会の円まどかさんと、軽く打ち合わせ。 景気付けに1杯だけ呑む。
流れは決めたものの、全然憶えられないので、まどかさんに任せる。
そして、20:00、いよいよスタート。暗闇でスポットを当てられてたので、何人いるのか、どんなリアクションなのか全く分からない。
緊張のせいか、何をしゃべったのかもよく覚えてませんが、あっと言う間に終わる。

そして、本編へ。 一番後ろで観てたのですが、あたかも自分が監督かのごとく、お客さんの反応が気になってしょうがない。
途中、予期せぬハプニングがあったものの、演出の1つ?と言うか・・
ま〜、来た人だけのおもしろい体験だったんじゃないでしょうか?
そういうことにして下さい。

で、終了。
今日、来て下さったみなさん、本当にありがとうございました。
トークショーは、マズイ部分もありましたが”もっとこうしたら”とか”次、こうしよ”など、勉強になりました。 次回はさらに!!
その後、木屋町で打ち上げ(反省会?)で、4時ごろ帰宅。
『Revival Blues』は、〜3/4(金)まで公開してるので、
まだ観てない方はお早めに!!

2005226.jpg
トークショーと、その15分後。

SHOCK!!

デジカメを、おもっきりコンクリートに落としてしまいました。。。ショック!
電源は入るものの、画面が真っ黒。たまに着いたかと思うとネガのような階調が反転した状態。気分そのモノです!
逆にちょっと面白い風合いですが、こればっかりでも困る。
7〜10日ほど修理に。痛いっ!

昨日は『Revival Blues』トークショーの宣伝も兼ねて、早朝からKBS京都のラジオに出てきました。 同所にあるKBSホールには、何度かプロレスを観に来たことがあるのですが、本館の方は初めて。
早朝生放送ということで、トチれないので寝ないで行く。
ラジオは、得意な武器である絵が見えず、最も不得意なしゃべりで戦わなければならない。今までにも何度か出たのですが、いずれも惨敗ぎみなので、今回リベンジに。 ある意味、トークショーの前哨戦。
寝てないのも良い方に働き、我ながら今回は上手いこといけたんじゃないでしょうか。 うん、がんばった。

ということで、いよいよ明日は”2・26弥生座決戦” 天王山です!
横山キック氏とのトークショーなんですが、少しでも新しい映画を観るキッカケになればと思います。
そして、ここだけの話ですが、当日受付けで「横山キック!」と言ってもらうと、前売り料金¥1,200で入れるそうですよ。
さらに当日、弥生座さんの粋な計らいで、ドリンクのサービスが。
『Revival Blues』のフランス語版ポスターも5名にプレゼント。
さらにさらに、会場で横山キック氏に声を掛けると、”横山キックシール”がもらえるとのこと。これは行かないと!もらわないと!
20:00〜ゴングです!

2005225.jpg
(イメージ映像)

『川村淳平の事務所探訪』

市街地から少しはなれた閑静な住宅街。
2月の風は冷たければ冷たいほど、3月の桃、4月の桜がうれしいものです。さて、今日はそんな左京区は修学院にあります横山キック事務所を探訪したいと思います・・。

と、いうことで2・26弥生座打ち合わせに横山キック事務所初訪問。和を基調とした落ち着いたたたずまい。書庫には映画資料がぎっしり。打ち合わせは、「冬の輪舞」話など、脱線しつつも、順調。
パルプフィクション作戦で行くことに。

キック氏とは、2年くらい前?に、修学院の山奥でバーベキューをしてたところ共通の友人が、近所に住むキック氏に何かデザートを買ってこいと呼びつけて、その時に初対面。確か、キック氏はブドウを買ってきたものの、みんなお腹いっぱいで、結局あまり食べなかった記憶がありますが・・・。
さて。そもそも、横山キックとは何者なのか?!ということですが。
京都を拠点に”あったらいいな”を形にして、世の中を面白おかしく変えていく”をコンセプトに活動してます。主に、映画のイベントを企画したり、映画本『映画大好き宣言。』を出版したりしています。その映画本とは、”有名人のお薦め映画”や”映画監督が選ぶ名画”ではなく”一般人が映画を語った本”と題して、約200〜300人が、各1ページそれぞれ好きな映画を5本ずつ挙げて、好き放題言うという内容のモノだ。ちなみに、ボクもクロード・ガニオン監督も参加してます。1・2巻、好評発売中!!

そんな”映画大好き人間。”のキック氏とのトークショー。チケットは、まだ若干だいぶ余裕があるとのこと。お早めに!
http://www.yokoyamakick.com/

2005222.jpg
横山キック事務所にて。

お不動さま。

しつこいようですが、
来たる2・26は、弥生座トークショーなわけで。
その打ち合わせをすべく、自転車で修学院にある、横山キック事務所へ(その様子は次回)。

その後、恵文社でStudio-Takeuma 装画展を観つつ、自転車で南に下り、京都駅近くにある西山浄土宗 不動堂 明王院へ。
このお寺で鍋をすることになっていたからだ。なぜ、お寺で鍋かというと、ココ、実はイラストレーターの新田岳くんの家で、2コ上のお兄さんが住職をしている。9LDKに2人で住んでいるのだ。
メンバーは、この2人に加え、イラストレーターの大谷リュウジさん、上田バロンさん、と、その奥さんと娘のアオイちゃん(3歳)。
京野菜の鍋や、サラダは、すべて新田くんの手作り。彼は、料理も上手いし、細かいところまで気が利き、いい奥さんになれそうだ。
住職のお兄さんの、葬儀屋裏話や、坊主業界の色々な話、神様はいるのか?など、ありがたい説法を聴く。また、バロンさんの愛娘のアオイちゃんが無茶苦茶カワイイので、その話で終始持ちきりでした。
で、ぼちぼちお開き。
外は、−1℃。
五条通り経由で帰る方が近いのですが、某心霊スポットのトンネルを通らないといけない。ギリギリまでアタックを試みるも、精神・肉体的に無理と判断。触らぬ神に、たたりなし。三条まで上がって帰宅。
自転車で来たことを、ちょっとだけ後悔。
そうそう、結局”悦楽共犯者”のポスターも買っちゃいました。
いかんいかん。

2005221.gif
お不動さま。

『チェコアニメのヒミツ』展と『オランダの光』

小島聡が奪りましたね。
今日は、古今烏丸へ。まず、shin-biの「チェコアニメのヒミツ」展へ。
ヤン・シュヴァンクマイエルや、チェコの作家のリトグラフや人形が展示されてたのですが、言うほど数もなく・・・。
ただ、エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァ(嫁)デザインのポスターが売っており、こんなんあったのか!と、たまらず”ファウスト”と”オテサーネク”を、購入。”悦楽共犯者”のも欲しいが、我慢我慢。
その後、同じフロアの京都シネマへ。まずチェコアニメ『クルテクとズデネック・ミレルの世界』を観る。音と動きがカワイイな〜。カワイくないのもあったけど。
それから、前から観たかった『オランダの光』を観る。オランダの光とは、フェルメールやレンブラントのオランダ絵画特有の陰影を持つ同地の自然光のことで、それを実際に探究・検証するドキュメンタリー。
とにかく映像がたまらない。色味も構図も、”わ!使える!”と言うカットばっかりで、映像がどんどん進んでくのが、もったいない。
終始さぶいぼが止まりませんでした。オランダ行きたいなぁ〜〜。

2005220.jpg
ファウストの。

スゲー!手描き看板出来てる!

本日、行ってきました『Revival Blues』初日@京極弥生座。
行くと、いきなり手描き看板が入り口に。出力主流の昨今、似てる似てないは、この際抜きにして嬉しい。写真からじゃなく、絵から絵なので、看板屋のおっちゃんが、ボクの絵を模写してると思うと、おもしろい。これも必見です!
初日ということで、上映前に、映画にも出ているミュージシャン野村麻紀さんのミニライブが。映画の中でも歌っている”恋の蟻地獄”は、1度聞くと頭から離れない、まさに蟻地獄〜〜。

そして、本編へ。1年以上ぶりに観る。スクリーンで観ると、何か新鮮。観てて、ちゃんとポスターともダブり、改めて成功を確信。
はてさて、2・26トークショー、果たしてどうなるのか。

それから、18日発売の”Web Designing”と言う雑誌に、
このjumpei-kawamura.comの事が、小さくですが載ってますよ。
http://book.mycom.co.jp/wd/

ボクが、というよりは、このHPを創ってくれている、i.seed,さんの余す所ない技術力の推移の結集に関してです。i.seed,さんには、お世話になっており、かなりワガママを聞いてもらっております。
ちなみに、i.seed,さんのHPで、スタッフの顔描いてるので、よかったら見てみて下さい。
http://iseed.jp/

2005219.jpg
スゲー!手描き看板出来てる!

さらに、いよいよ、

さらに、いよいよ、『Revival Blues』が明日、京極弥生座で公開されるのですが。
このポスターの絵を描くのに、ボクは10回くらい毎日観たのですが。
そもそも、どういう映画かというと。
〈ストーリー〉
1970年代、ひとつのバンドが解散、若者達の友情も終わりを告げ、1曲のブルースだけが残った・・・。25年後、実業家となった健(内藤剛志)が、バンド仲間だった洋介(奥田瑛二)の店を訪ねるところから始まる。健の目的は、かつて演奏したバーでリバイバル・ナイトを復活させること。だが、再会も束の間、洋介は末期癌を患っていた。最期の時を過ごすため、かつてリードヴォーカルをしていた加代(桃井かおり)の小さなバーで再会する3人。そして、彼らの”時間”が、再び動き出した・・・。

この映画、実は上記のような大まかな話の流れはあるものの、セリフは全部役者同士のアドリブなので、その事実をふまえて観ると、役者さん達がすごい高度な攻防を繰り広げてるのが分かる。カメラもかなり長回ししている。まさに、プロフェッショナルな仕事である。圧巻。
映画上では、あまり説明がなく淡々と話が進んでくので、軽くストーリーを頭に入れるのと、役者同士の即興芝居であること、この2点をふまえて観ると、かなり楽しめると思います。
ボクも、明日の初日観に行きます。

2005218.jpg
日本版ポスター