芦川いづみさん。

最近、女優の芦川いづみさんにハマっている。60年以上前にデビューされて、1968年に引退されてるので、オールドファンの人には何を今頃言ってるんだ?という感じかもしれないが。最近その魅力にハマってしまったのだ。

気づいたら10日出演されてる映画22本観ましたわ。
・あしたは晴れるか
・あいつと私
・硝子のジョニー 野獣のように見えて
・誘惑
・風のある道
・こんにちは赤ちゃん
・青い街の狼
・青い山脈(1963年版)
・乳母車
・風船
・若き魂の記録 七つボタン
・陽のあたる坂道
・幕末太陽傳
・紅の翼
・人間魚雷出撃す
・嵐を呼ぶ男
・渡哲也の嵐を呼ぶ男
・青春怪談
・金門島にかける橋
・続 警察日記
・若草物語
・霧笛が俺を呼んでいる

・洲崎パラダイス赤信号
は、以前観たけど、これにも出てたのね。

そんな芦川いづみさんのデビュー65周年記念本「芦川いづみ 愁いを含んで、ほのかに甘く」(文藝春秋刊)を手に入れた。
新参者には嬉しい内容となっている。こりゃたまらん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です