『コレクティブ 国家の嘘』

京都シネマで、アレクサンダー・ナナウ監督『コレクティブ 国家の嘘』を観る。
『コレクティブ 国家の嘘』(2019年/ルーマニア・ルクセンブルク・ドイツ合作/109min)

ルーマニアの医療汚職事件を追ったドキュメンタリー。映画みたいなホントの話で怖いが、色々既視感がある。どこの国も一緒ですね。前半は政府の不正を暴いていく新聞記者の話、後半は事件後新しく就任した健康大臣(日本でいう厚生労働大臣)を追ったもの。日本の記者会見みたく、質問だけして返答に対して追加質問出来ない感じでなく、激しくキャッチボールして追及していくし、驚いたのが後半の健康大臣にも密着して、良くしていこうとする姿勢や苦悩など見れたのが良かった。が、最後はやるせなさを感じるというか。既得権益を握る権力者たちの強大さや、ルーマニア総選挙の投票率の低さなど、日本と同じというか。どこか他の惑星の日本に似たパラレルワールドな風刺映画みたいな、怖さがあった。やんなっちゃう。ホンマ選挙行こうぜ!

『コレクティブ 国家の嘘』公式サイト >>
『コレクティブ 国家の嘘』予告編(YouTube)>>

『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』

アップリンク京都で、ライナー・ホルツェマー監督『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』を観る。水曜は1,200円なので、ほぼ満席(ソーシャルで1席ずつ空けて)で、一番前のど真ん中しか空いてなかったが、他の人が視界に入らないのでプライベートシアターな気分で良かった。
『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』(2019年/ドイツ、ベルギー/90min)

本当に本人が語るの?と思って観たら、結構な量しゃべってた。多分ほとんどの人が声すら聞いたことないので、ナレーション的に声が流れるので、これ、そうやんな?って感じだったけど、内容から、ああ本人なんだなとなった。当然顔は一切映らないけど、細いてや腕毛の感じは確認出来た。作品のコンセプトやミステリアスなイメージに反して、結構気さくな感じだった。
これまでの色んな資料を入れた白い箱に、マジックで中身の詳細を書いて置いてるだけで、マルジェラだし、カッチョイイな。

『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』オフィシャルサイト>>
『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』予告編(YouTube)>>

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.333』Blu-ray

シンエヴァがAmazon Prime Videoで配信始まって、好きなとこで一時停止して観れるようになって嬉しいですね。ヤマト作戦のとこも、連打でコマ送りしたけど、当たり前だけど全コマちゃんとアクションが描かれてて凄いですね。

さて、
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.333』Blu-rayが出ましたね。
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.333』Blu-ray

庵野秀明総監督全面監修のもと、全カット再撮影を敢行、当時は表現できなかったより高精細な映像が実現したそうだ。細部がキレイになってたり色が変わってたり、シン寄りの表現になってた。前のと並べて同時に観たら、どこが変わったかもっと分かるんやろな。
シンを観た後にQを観ると、セリフの意味やキャラの関係性の見え方が変わりますね。
渚カオルがピアノ上手いのも、ループするごとに反復練習(映画「恋はデジャ・ブ」みたいに)もしたんだろし、そういう意味だったのね。「キミより少しこの世界に止まってるからだよ」とも言ってたし。マリが綾波に「あんたのオリジナルは、もっと愛想あったよ」はユイさんを直で知ってるからだし、ゲンドウくんって言うニュアンスも見え方が変わるね。見れば見るほど発見があるわ〜。
あと、エンドロール後の予告がどうなるんやろ?と思ってたら、ちゃんと正式なシンの予告に差し代わってた。

『愛について語るときにイケダの語ること』

京都みなみ会館で、池田英彦監督・出演『愛について語るときにイケダの語ること』を観る。
『愛について語るときにイケダの語ること』(2020年/日本/58min)

四肢軟骨無形成症の青年による初主演・初監督作にして遺作。癌で、余命2ヶ月を宣告されてから亡くなるまでの性愛を追ったドキュメンタリー。
確実に亡くなることが分かってる人が、やつれていくところを観るのでその部分ではショックはあるが、ドキュメンタリーなので望んだ起伏は運頼みになってくるし、状況的に撮れ高も限られてくると思うけど。この池田さん最後の性を包み隠さず淡々と記録(それもドキュメンタリーなんだけど)したプライベート作品という感じ。こういう男が確かにおったぞ!というのを残した一世一代の証かな。

『愛について語るときにイケダの語ること』オフィシャルサイト
『愛について語るときにイケダの語ること』予告編(YouTube)

『パンケーキを毒見する』

映画サービスデーということで、内山雄人監督のドキュメンタリー『パンケーキを毒見する』を観に、MOVIX京都へ。
『パンケーキを毒見する』(2021年/日本/104min)

菅総理のこれまでの感じを追ったドキュメンタリー。
僕は自宅仕事なので、国会会期中は昼間国会中継を観てて、その酷さに愕然としてるけど、ニュースになるとキュッとちゃんと答弁してる風に切り取られてて、野党がケチつけてるだけみたいになってて(案をいっぱい提案してるのに、、、力がない)、なんだかな〜という苛立ちを感じでいるのだけど。
この映画も、これをわざわざ観に来てる人は、この首相の政権の酷い感じやそれに付随してのマスコミの真実を言わん感じ(力がかかって言えない)とか既に知ってると思うし、当然選挙にも行ってると思うけど。そうじゃない人にどうやって知ってもらうかだろうね。
選挙率の低さで、何やっても政権握れるから好き放題やってるけど、どう考えても酷すぎるし、日本なんでこんなことになっちゃったんだろね。ホンマ誰やねん!選挙行かんヤツはーーー!!!若者だけじゃなく、年配の人も行かへん人いるしな〜。やんなっちゃう。
監督の内山雄人は、NHK『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』もやってはるのか。早く、この政権政権、前首相・現首相、オリンピックの嘘ついての招致や不祥事とか丸っと『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』で観たい。前首相のモリカケ・桜を見る会を始めとした赤城ファイル問題など一連の酷いのを長尺のSPか、膨大だし何夜かない分けてたっぷり観たいな。けど、今の政権の力がかかったNHKだと、何年も先かな〜。池袋暴走事件のもちゃんと裁かれて1本やって欲しいな。と日々思う。

『パンケーキを毒見する』公式サイト >>
『パンケーキを毒見する』予告編(YouTube)>>

『町中華で飲ろうぜ 其の壱』DVD

『町中華で飲ろうぜ』のDVDが出ましたよ。
初回放送から全部録画してるんだけど、ソフトも欲しいよね。
『町中華で飲ろうぜ 其の壱』DVD

おっ!コースターとステッカーとラウンドハンカチが付いてるぞ。
勿体なくて使えないけどな!
コロナ禍で、中々ロケが出来ず再放送続きだけど、終わらず長く続いてくれたらそれで良いな。

『ホモ・サピエンスの涙』DVD

ロイ・アンダーソン監督『ホモ・サピエンスの涙』のDVDが出ましたよ。
『ホモ・サピエンスの涙』(2019年/スウェーデン・ドイツ・ノルウェー合作/76min)

以前劇場で観たのだけど。いつもの感じですね。
メイキング(ネットで既に公開されてたものだけど)は嬉しいね。メイキング観てから本編観ると、遠くのセットがどうなってるんだろ?って目がいきますね。色んな絵画から影響受けてると思うけど、上手く映像に取り込んでますね。シャガールを実写化しようとすると、原色にしちゃいそうだけど、ちゃんとロイ・アンダーソン監督の色調に変換してて、流石ですね。美術スタッフも素晴らしい。まぁ、ハズレはないですね。

『ホモ・サピエンスの涙』オフィシャルサイト>>
『ホモ・サピエンスの涙』予告編(YouTube)>>

『SNS 少女たちの10日間』

アップリンク京都で、バーラ・ハルポバー&ビート・クルサーク監督『SNS 少女たちの10日間』を観る。
『SNS 少女たちの10日間』(2020年/チェコ/104min)

気持ち悪いおっさんホイホイだった。こんなにも、ロリコンのおっさんがいるのな。もれなく珍棒の画像や動画を送りつけてきよる。この映画では3人の女子だったけど、これは氷山の一角で、日々とんでもない数の少女がこんな危険な目に遭ってるんだろうなぁ。闇だ闇。日本でこれをやったらどうなるんだろうな。恐ろしや〜。

『SNS 少女たちの10日間』オフィシャルサイト
『SNS 少女たちの10日間』Trailer(YouTube)

『シン・エヴァンゲリオン劇場版 EVANGELION:3.0+1.01』

シンエヴァが新バージョンになったということで、観に。
入場特典もあるということで、京都も大津も満席で取れず、止む無く水口アレックスシネマ(滋賀県甲賀市)まで来た。
『シン・エヴァンゲリオン劇場版 EVANGELION:3.0+1.01』(2021年/日本/155min)

とりあずシン・エヴァ、7回目。新バージョンだけど、前のと比べられないので、多分ここかな?と言う感じで確証はないけど。起こってる状況が見易くなってる?もう新バージョン観ちゃってるので、次から新旧記憶が混ざってもうてるので、どこが新しいのかもう判別つかないけど。観るたびに新たな発見はあるな。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』公式サイト
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』本予告(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』本予告・改(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』本予告・改2(YouTube)

『狂猿』

アップリンク京都で、川口潤監督『狂猿』を観る。
『狂猿』(2021年/日本/107min)

デスマッチファイター・葛西純さんを追ったドキュメンタリー。
過去の映像から、カミソリボードの制作、プライベートなど。欠場から復帰のタイミングでコロナ禍になってしまって、この時代だからの映像。コロナが有ると無いとで、ドキュメンタリーの方向性もまた違う感じになってたかもね。46歳で体を酷使して頑張っている姿が、自分も頑張らななとなったのでした。

『狂猿』公式サイト >>
『狂猿』予告編(YouTube)>>

『ビバリウム』

大津アレックスシネマでそのまま、ローキャン・フィネガン監督『ビバリウム』観る。
アレックスシネマは金曜1,200円で観れるのだ。
『ビバリウム』(2019年/ベルギー・デンマーク・アイルランド合作/98min)

予告編の印象よりも、気持ち悪い感じやったな。人工的な世界が。
色調や雰囲気は好みだけど。頭おかしなる系の映画だった。アレックスシネマの内装やトイレのタイルが同じようなブルーグリーンなので、妙に世界観が連動してた。
基本的な内容は、シンプルだけど、何か見えない大きな何かによってこの状況に閉じ込められてる感じが不気味でもありかな。深い裏設定的なものもなさそうだし、無機質1シチュエーションな感じかな。

『ビバリウム』オフィシャルサイト>>
『ビバリウム』Trailer(YouTube)>>

『ザ・スイッチ』

大津アレックスシネマクリストファー・ランドン監督『ザ・スイッチ』を観る。
自分が観た回、観客自分1人の貸切状態で凄く贅沢だった。おもっきりくつろいで観た。そういえば、昔上映ギリギリでチケット買う際、「立見ですけどいいですか?」と聞かれたので、いいですよと入ったら、自分1人だけが立見で何か恥ずかしい感じがあったな。
『ザ・スイッチ』(2020年/アメリカ/102min)

コロナで公開延期になってた分。『ハッピー・デス・デイ』の監督ということで、楽しみにしてたけど、ちょっと期待し過ぎたかもしれないな。
とはいえ、女子高生と連続殺人鬼の入れ替わりものなので、双方の演技は楽しめるかな。中身が入れ替わってるので、追いかける方、逃げてる方、外からはそのままだが、中身は追いかけてる方が被害者だったり、当然腕力も逆転するのでその辺を楽しむ感じかな。殺人鬼(中身女子高生)がお茶目に見えてきて愛着も湧くので最後ちょっと切なさもあり。って感じかな。

『ザ・スイッチ』公式サイト >>
『ザ・スイッチ』Trailer(YouTube)>>

『JUNK HEAD』

アップリンク京都で、噂の掘貴秀監督『JUNK HEAD』を観る
『JUNK HEAD』(2017年/日本/99min)

ほぼ1人で独学で7年かけて作ったストップモーションアニメ。これは噂通り、凄いな。途中でストップモーションって忘れるくらい引き込まれるし、毒々しさもあるけど、妙に愛嬌あるキャラだし。独特な言語を上手いことしたな〜。見事でした。続編が観たい。

『JUNK HEAD』公式サイト>>
『JUNK HEAD』予告編(YouTube)>>

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』(来場御礼舞台挨拶)

庵野秀明監督『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の来場御礼舞台挨拶付きを観に、T・ジョイ京都へ。
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』
この時点で3回目だけど、回数を重ねるとまた色々発見がありますね。

おっ、歴代のポスターが掲示されてますね。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』公式サイト
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報1(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報2(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報2.5(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報2’(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報3(YouTube)

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』本予告(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』本予告・改(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』本予告・改2(YouTube)

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:|| 』

朝早くから目が覚めたので、朝一で庵野秀明監督『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』観に、T・ジョイ京都へ。向かう途中同じ進行方向歩いてる人みんなエヴァ観に行く人に見えるな(いや、通勤や)
おっ、階段になっとる。営業前なのでまだ閉じとる。

ゼーレのモノリスに見える。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』(2021年/日本/155min)

最高やったー!!!
以上!
(嬉しさと寂しさと、いっぱい感想あるが!)

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』公式サイト
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報1(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報2(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報2.5(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報2’(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報3(YouTube)

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』本予告(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』本予告・改(YouTube)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』本予告・改2(YouTube)

『映像研には手を出すな! 』Blu-ray

英勉監督『映像研には手を出すな!』のBlu-ray出ましたね。
『映像研には手を出すな!』(2020年/日本/113min)

笑って泣けて高揚感あるね。良作だと思う。続編あると嬉しいな。
メイキングも観れて良かった。

映画『映像研には手を出すな!』公式サイト>>
映画『映像研には手を出すな!』予告編(YouTube)>>