“カツ丼”(2019年版)

「“シズル感”を頑張って表現してみるシリーズ」。今回は“カツ丼”(2019年版)。
ちなみに、過去に描いたカツ丼。個人的に2013年版気に入ってるけど、2019年版も結構イケたかも。
“カツ丼”(2013年版)はコチラ>>
“カツ丼”(2017年版)はコチラ>>

“カツ丼”(2019年版)

盛る前のパーツ。(ちなみにネギも貼り付けてます)

盛って完成。今回はカツが2枚入ってます。

自分の名前入り蓋丼。

動かしそきますか。

PCに取り込んで調整したもの。

白飯。

カツ丼。

蓋して一丁上がり!

“亀田の柿の種 わさび” 6袋詰

“シズル感”を頑張って表現してみるシリーズ。
亀田製菓さんの、“亀田の柿の種 わさび” 6袋詰。好きなやつです。
“亀田の柿の種 わさび” 6袋詰

こちら原画。

裏面はこんな感じ。

手に持つとこんな感じ。
こういうパッケージものは、文字要素やデザインがすでに簡略化されてるので、それを丁寧にちゃんと描けば再現出来るので、しんどいだけで割りと簡単です。

ブルボン “アルフォートミニチョコレート”

“シズル感”を頑張って表現してみるシリーズ。
ブルボンさんの“アルフォートミニチョコレート”
ブルボン “アルフォートミニチョコレート”

原画はこんな感じ。

表裏。

ビスケット貼る前。

1ダースあります。

ブルボン “アルフォート”

“シズル感”を頑張って表現してみるシリーズ。
ブルボンさんの“アルフォート”。美味いやつですね。
ブルボン “アルフォート”

原画はこんな感じ。

表面と裏面。

ブルボン “アルフォート” と “アルフォートミニ”チョコレート。

並べるとこんな感じ。

“チキンラーメン”

“シズル感”を頑張って表現してみるシリーズ、日清食品さんのチキンラーメン。「まんぷく」は観てないんだけどね。。。
“チキンラーメン”

原画はこんな感じ。

ちょっとたまごポケットの位置ずれちゃったけど。

ついでに、初期デザインも。

原画はこんな感じ。

透明部分は透けてる風に描いてる絵なので、麺を抜いても残るけどね。

こんな感じ。

ちなみに、中学生の頃から色んなインスタントラーメンを収集しているのだけど、コチラ本物。
オリジナルの袋。(製造日や賞味期限の記載がないので何年のかは不明)

何度か復刻版のパッケージが出てるけど、これは1993年当時の。

2007年頃の。

去年2018年に復刻されたもの。

色んなインスタントラーメン食べてるけど、やっぱチキンラーメンが一番好きかな。何周も何周もしてるけど全然飽きないね。

“ダブルモスチーズバーガー”

“シズル感”を頑張って表現してみるシリーズ。
モスバーガーの、ダブルモスチーズバーガー。
“ダブルモスチーズバーガー”

全パーツ。今回描いてみて気づいたけど、チーズが入る場合は、マスタードの位置が変わるんですよね(パティの上から下に)

この“手に持てる”感が、何か嬉しいんですよね。

“うまい棒 めんたい味”

さて、“シズル感”を頑張って表現してみるシリーズ。
今日は、やおきんさんのうまい棒 めんたい味。

原画はこんな感じ。
“うまい棒 めんたい味”

パカッ!

こんな感じで中身も入ってます。

思ってたより簡単でした。

一応gifで動かしときますか。

“ヤマザキ カレーパン”

さて、“シズル感”を頑張って表現してみるシリーズ。
今日は、山崎製パンさんのカレーパン。
“ヤマザキ カレーパン”

通常盤。

ヤマザキ 春のパンまつりシール有り版。

背景が、カッティングマットのマス目なので、透明な袋の透け感でないですが。