『KYOTO MISO RAMEN KAZU』餃子編

京都で12/1にオープンする味噌ラーメン屋さん「KYOTO MISO RAMEN KAZU」のメニュー・イラストを描くことに。続いて餃子編。

【MISO-DARE GYOZA 味噌ダレ餃子】
専用の特製赤味噌ダレにつけていただく、小ぶりな餃子。

こんなパーツで出来てます。

『KYOTO MISO RAMEN KAZU』カレー肉味噌ごはん編

京都で12/1にオープンする味噌ラーメン屋さん「KYOTO MISO RAMEN KAZU」のメニュー・イラストを描くことに。続いてカレー肉味噌ごはん編。

【CURRY NIKU-MISO GOHAN カレー肉味噌ごはん ニンニク入り/ニンニク抜き】
オリジナルのカレー味の肉味噌と温泉卵を絡めていただく、KYOTO MISO RAMEN KAZUの特製ごはん。一度食べたら、やみつきの味です

こんなパーツで出来てます。

『KYOTO MISO RAMEN KAZU』バンズ編

京都で12/1にオープンする味噌ラーメン屋さん「KYOTO MISO RAMEN KAZU」のメニュー・イラストを描くことに。続いてバンズ編。
【MISO PORK BUN 味噌ポークバンズ】
柔らかく、豚肉の甘みや旨みを感じる真空低温調理したレアチャーシューを、特製味噌ダレと香味野菜でバンズに挟みました。

こんなパーツで出来てます。

アップにするとこんな感じ。

『KYOTO MISO RAMEN KAZU』ラーメン編

京都で12/1にオープンする味噌ラーメン屋さん「KYOTO MISO RAMEN KAZU」のメニュー・イラストを描くことに。ということでラーメン編。

【HOKKAIDO 北海道】
北海道の味噌をブレンドした、芳醇な薫りのまろやかな味噌ラーメン。ジャガイモペーストを混ぜれば、クリーミーな味噌ラーメンに変化します。

【KYOTO 京都】
京都の白味噌と西京味噌をブレンドした、ほんのり甘みを感じる味噌ラーメン。途中からレモンを絞っていただくと、爽やかでサッパリとした味噌ラーメンに変化します。

【NAGOYA 名古屋】
名古屋の八丁味噌をブレンドした、濃厚なコクと薫り高い味噌ラーメン。焦がしの手法を取り入れることにより、香ばしい薫りがより一層美味しさを引き立たせます。

【KYUSHU 九州】
九州の味噌をブレンドした、スパイシーな味噌担々麺。一口目から激しい痺れを感じつつも、味噌の旨みが凝縮された一杯。

京都・北海道・名古屋・九州と全国各地から選りすぐりの味噌を使った4種類の味噌ラーメンが食べられます。

“カルビー ポテトチップス うすしお味 60g”

「“シズル感”を頑張って表現してみるシリーズ」から。
“カルビー ポテトチップス うすしお味 60g”

カルビーさんのポテトチップスは薄くて透け感があって軽やかな感じ。

ポテトチップス。

全パーツ。

今日の靴…01005

今日の靴も、GUCCIFall 2018からスニーカー。
Shoes:01005 “GUCCI” Flashtrek sneaker with removable crystals(FW2018)

“GUCCI” FW2018 Fashion Show(YouTube)
“GUCCI” FW2018 Look(VOGUE.COM)

Tumblrとnoteでも1日1足更新中>>
http://jumpei-kawamura.tumblr.com/
https://note.mu/jumpei_kawamura

“餃子”

餃子というと、前に王将の餃子を2人前作ったことあったけど、もうちょっと多めに。25個作ったから4〜5人前くらい。円盤餃子っちゅうんかな。
“餃子の王将”の餃子2人前の記事 >>

「餃子、へいお待ち!」

全パーツ。今回は酢コショウver.

餃子集合!

着陸!

動かすとこんな感じ。

25回も同じ作業繰り返すの大変だったぜ。

“てりたまバーガー”

テリヤキバーガー作ったけど、卵も入れちゃおうか。ということで、応用編。
“Teritama Burger”

オプションで目玉焼きを追加。

挟むとあんま見えなくなるけど、分解するとこんな感じ。

卵入るとちょっと豪華な気分になるね。

動かすとこんな感じ。

“Curry Bread”

さて、カレーパン作りました。
“Curry Bread”

割る前。

ちょっと具沢山過ぎやな。

3つのパーツから出来てます。

動かすとこんな感じ。

エンドレス・カレーパン・ロケット
(gifの1枚だけピントあってなかったから、1コマ変な感じのが混じってるね)

“Cream Puff”

さて、シュークリームでも作るか。
シュークリームは英語だと“Shoe Cream(靴のクリーム)”になるとかならないとか。
英語では“Cream Puff”って言うらしい。

“Cream Puff”

フランス語では“chou à la crème”

中にはちゃんとクリームが入っているぞ。

こんな感じ。

パカッ。

“Pizza Margherita”

ピザ出来ましたよ〜。マルゲリータ。
(マルゲリータって聞くと「おぼっちゃまくん」の“怖賀リータ”を思い出すね)
ホイ!

“Pizza Margherita”

いっただっきまーーす!

よいしょっ、

ふぬぬ。

によぉ〜〜〜ん。

っていうギミック。

こんなパーツで出来てます。

動かしとくか。

「チャーハン大賞」結果発表

note(文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿できるSNS)にもちょいちょい作品をアップしているのですが、そこで味の素冷凍食品「ザ★チャーハン」さんによる、世の中のチャーハンを盛り上げるべく“チャーハン大賞”なる投稿コンテストをやってて、先日出したのだけど、その結果発表が!
チャーハン大賞 >>
僕の投稿記事 >>

そして、
選考会の様子>>
結果発表のページ>>

というわけで、本気で大賞狙ってたのですが、結果は入賞(”この技術はやばいで賞”)だったー!異種格闘技(エッセイに漫画に、レシピにイラストに)だから、難しいね。というわけで、賞品は『ザ★チャーハン』6kg(600g×5袋)なのであった。

味の素「ザ★チャーハン」「ザ★シュウマイ」オフィシャルサイト
「ザ★チャーハン」CM なんかした篇(YouTube)
「ザ★シュウマイ」CM シュウマイのうまい店篇 30秒版(YouTube)

“ザ★チャーハンの作り方” 1

note(文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿できるSNS)にもちょいちょい作品をアップしているのですが、そこで味の素冷凍食品「ザ★チャーハン」さんによる、世の中のチャーハンを盛り上げるべく“チャーハン大賞”なる投稿コンテストをやってたので、いっちょ参加してみる。

チャーハン大賞 >>
僕の投稿記事 >>

ということで、まぁ以下は投稿記事の再編集みたいな感じだけど。
味の素 冷凍食品 「焦がしにんにくのマー油と葱油が香る、ザ★チャーハン 600g」

【材料】(2人前)
・味の素「ザ★チャーハン」 1袋
・八つ切りケント紙 2枚(四つ切り1枚)
・コピックマーカー 適宜
・コピックマルチライナー 黒・グレー・茶色 各0.03〜0.3mm
・ゲルインクボールペン 白・ブラウンブラック・赤・緑・黄緑 ・スパークリングゴールド(ラメ入りのもの)
・色鉛筆 白(硬め・柔らかめ)・ライトイエロー 他お好みで
・シャープペンシル
・消しゴム
・両面テープ
・デザインナイフ
・カッターマット

まずはパッケージを見ながら、シャーペンで下描きしていきます。

コピックマルチライナーで清書。モチーフの色味に合わせて、黒・グレー・茶色を使い分けましょう。

それでは色を塗っていきます。まずは卵を塗ります。

次に、ねぎを塗ります。

続いて、焼き豚を塗ります。

ほんでもって、ご飯を塗ります。ブラウンブラックで焦がしにんにくのマー油を散らしていきます。

陰影をつけて袋感を出していきましょう。

味の素のブランドロゴマーク “FRESH FROZEN AJINOMOTO”と左下の文字部分を塗っていきます。

「焦がしにんにくのマー油と葱油が香る、ザ★チャーハン 600g」と下段の金部分を塗っていきます。 (最終的に黒く塗るので大胆にはみ出して塗っても大丈夫です。)

パッケージの輪郭に合わせて切り出していきます。切り取った瞬間に存在感が出てきますね。(先に黒を塗ると輪郭線が分からなくなるので、黒いものを描く時は先に切ると良いでしょう)

大体4段階くらいのトーンの黒を塗って、白(色鉛筆の硬め・柔らかめのと、ゲルインクボールペンを駆使して)でハイライトを入れたら完成です。

取り敢えず動かしとくか。

お好みで金部分に、ラメ入りのスパークリングゴールドを塗って高級感を演出しましょう。